2018年1月21日 (日)

当尾文化祭

第4回当尾文化祭が、当尾の郷会館(旧、当尾小学校)で行われた。グランドでは、今高騰している野菜が格安で売られていた。当地の、当尾ゴボウを買い求める。

R20180120_095125_r
R20180120_094910_r
R20180120_094817_r
20日(土)のオープニングセレモニーは、山城ノ国和太鼓「鼓粋」による演奏である。この会館で練習をしているという。山中にあるので、いくら練習をしても苦情は出ないだろう。迫力ある音が、青空に響いた。
R20180120_101121_r
R20180120_101424_001_r
20日(土)、21日(日)の二日間、元教室を使って、さまざまなジャンルの作品が展示された。文化の多様性がよくわかり、見ているだけで楽しくなる。
パッチワーク
R20180120_103031_r
よみがえる古布
R20180120_103055_r
石ころアート
R20180120_103127_r
絵画
R20180120_103227_r
絵手紙
R20180120_103556_r
竹細工
R20180120_104055_r
華道
R20180120_104152_r
彫刻
R20180121_124402_r
R20180121_124427_r
精密竹細工
R20180121_145035_r
プロの作品も、さりげなく展示してある。

カワキタさんの風刺画には、つい見入ってしまった。現代社会の問題を、わかりやすく具象化されている。深く考えさせられてしまった。

「格差社会、富の集中」
R20180120_103306_001_r_2
「国境線」
R20180120_103318_r
陶芸
R20180121_124341_r
拙作(何か存在する力に乏しいが、これが今のレベル。)
R20180121_150339_r
昼食は、当尾ゴボウ入り肉うどん。汁まで全て飲み干した。
R20180121_123309_r
21日(日)午後からは、フルートのコンサートが行われた。100人くらい入る部屋は、満席であった。当尾出身の音楽家、梅谷さんが軽快に演奏された。「明日にかける橋」「愛の賛歌」など、よく知っている曲ばかりで乗りが良かった。旧当尾小学校の校歌は、観客は演奏に合わせて歌った。
R20180121_130337_r
R20180121_131400_r
次に、岩船寺執事の植村宥善(24歳)が「ぼくはお坊さん」の鯛で講演された。高野山での厳しい修行を語られた。71人の修行僧の中で、13人が精神的に崩れて山を下りたということだ。食堂(じきどう)内での食事中や、一日三回の掃除中には、少しのおしゃべりも許されない。もしこれを破れば、写経という厳しい罰がある。
R20180121_134855_r
修行中一番何を教わったか、植村さんは「掃除」だと言われた。掃除が上手な人は、隅々まで視野が行き届く人である。これは、人の心までも見渡すことができる。

最後に、「如実知自心」の言葉を教えて下さった。ありのままの自分を知る、という意味だ。あまり自省しない私にとって、耳の痛い言葉だった。その他、教わることが多々あった。
R20180121_143947_r
浄瑠璃寺からは、今年のカレンダーをいただいた。秘仏「吉祥天女立像」がズームで撮影されている。仏ではあるが、美しい顔に魅了された。
R20180120_213657_r

二日目は3時に終わり、皆で後片付け。

当尾の地も高齢化が進んでいる。続けることで、生きがいを生み出し地域の活性にも寄与できることだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

米麹と春鹿

奈良に米麹と春鹿を買いに行く。

まず、京終(きょうばて)の井上本店。赤煉瓦の工場である。米麹を作っているのは、市内でここだけになってしまった。醤油作りが本業で、夏以外は米麹も作っている。製造元なので、とても安い。

R20180119_114807_r
R20180119_114920_r
R20180119_114209_r
R20180119_114013_r
R20180119_114022_r
R20180119_114619_r
奈良町に行く。「しぼりばな春鹿」純米吟醸生酒を買い求める。岡山のOさんへの土産である。試飲できるが、車なので残念!室町時代に建てられた、今西家書院が隣接している。
R20180119_115716_r
R20180119_120327_r
R20180119_120024_r
R20180119_120019_r
R20180119_120428_r
R20180119_120438_r
奈良町を少し散策する。浄土宗の興善寺に参る。水仙が、可愛いラッパを吹いている。

R20180119_120724_r
R20180119_120736_r
蕎麦屋「玄」を訪ねる。残念ながら、売り切れ。
R20180119_120806_r
R20180119_120827_r
R20180119_120816_r
奈良町には、洒落た店が多くできた。昔はもっと地味だったのだが。
R20180119_120959_r
R20180119_120943_r
R20180119_121619_r
元興寺に参る。石仏にしばし心を洗われる。
R20180119_121157_r
R20180119_121413_r
R20180119_121230_r
R20180119_121237_r
R20180119_121252_r
家に帰り、甘酒を作る。お粥をたき、米麹を入れてかき混ぜるだけだ。後は、炬燵に温度管理を任せる。55度前後が一番よく糖化する。50度以下だったら酸っぱくなり、60度以上だと甘くならない。
R20180119_200730_r_2
R20180119_201936_r
昔はよく、どぶろくを造っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月19日 (金)

蝋梅

当尾文化祭が、20日(土)21日(日)当尾の郷会館で行われる。拙作を展示するために、今朝搬入する。

R20180119_102415_r

軽トラには、犬やタヌキや蛙が載せられている。
R20180119_102255_r
R20180119_102210_r
周辺を散策する。日曜には、この国栖神社で写生大会が行われる。
R20180119_102425_r
R20180119_102458_r
蝋梅を見に行く。まだ蕾で、咲く準備を健気にしていた。
R20180119_102939_r
R20180119_103014_r
地蔵石仏、不動石仏に参る。
R20180119_103342_r
R20180119_103435_r
R20180119_103422_r

いつも花が手向けられている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月14日 (日)

とんど焼き

我が住む団地で、自治会主催のとんど焼きが行われた。私は役をしているので、手伝いに参加する。

R20180114_094254_r
ぜんざいを大鍋二つで作る。かき混ぜるのにかなり力を使った。
R20180114_094028_r
もちを1000個余り焼いた。持ちがぷくっと膨れるのが、おもしろい。
R20180114_093847_r
鏡開き!樽酒のふたを割る。
R20180114_100427_r
とんどに火が付けられる。
R20180114_100515_r

ぜんざいと、御神酒をいただくために、長い行列ができる。
R20180114_100524_r
R20180114_100557_r
R20180114_105320_r
三人で、次々に器に盛っていく。なかなか行列がなくならない。
R20180114_101728_r
とんどが燃え尽きる頃になると、人が少なくなった。
R20180114_105547_r
R20180114_113711_r_2
R20180114_113701_r
樽酒の御神酒も、すっかり空になっていた。
R20180114_113734_r
ようやく自分もぜんざいをいただいた。お酒は飲み損なった。
R20180114_113309_r
この後みんなで片付け。共同作業が楽しい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

柑橘類の収穫

わらべ地蔵は、だいぶこの地に慣れ親しんできたようだ。誰もいないときに、笑い声がする。

R20180112_101837_r
当尾大門の陶芸工房へ歩いて行く。約4キロの適度の距離だ。
R20180112_103314_r
途中にある、プラネタリウムと山の家は3月末で閉鎖が決まった。赤字だとは言え、その存在価値があるはずなのに、お役所は血も涙もない。
R20180112_105715_r
R20180112_154239_r
真っ青な空だ。畑の柿も、鳥の食糧になっている。
R20180112_154218_r
脚立を用意して、ハッサクの高枝を剪定する。

R20180112_155740_r
イチョウの枝が青空に伸びる。
R20180112_154402_r
このところ寒い日が続き、家陰では氷柱ができている。レモンの木にも、長い氷柱が。
R20180112_154843_r
R20180112_154836_r
R20180112_154915_r
渋柿の渋が抜けて、とても甘い。何個でも食べられる。
R20180112_161855_r
柑橘類の収穫。自由に採らせていただいている、畑の主に感謝する。

ハッサク
R20180112_161945_r
レモン
R20180112_162046_r
柚子

R20180113_150805_r
スダチ

R20180113_150805_r_2
しばらく陶芸に没頭。
R20180113_150100_r
草刈りは腰が痛くなり、少しずつやっている。
R20180113_153447_r
また、家まで歩いて帰る。

R20180112_164733_r
今夜は、入籍した三男の夫婦を招いて、手作りの祝いをする。

R20180114_072336_001_r
R20180113_205114_r
5月にささやかな結婚式を挙げる。嬉しさのあまりに、日本酒を飲み過ぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 8日 (月)

島に渡れず

特急南風に乗り、丸亀駅で下車する。翌日本島に渡る予定である。本島は塩飽水軍の根拠地であり、今でもその名残がある場所だ。

安ホテルで、土佐の酒を味わう。昨日までが豪勢だったので、質素にする。

R20180107_172546_r
R20180107_172628_r
R20180107_184403_r
雨だった。計画は崩れ、早めに発つことにする。それまで、新春フェスタが城界隈で行われると聞いたので、雨の中行くことにする。
Rimg_5131_r
Rimg_5134_r

急坂を上る。「石の城」と称されるくらいに、石垣が実にみごとである。
Rimg_5239_r
Rimg_5137_r
Rimg_5148_r
三の丸の庭園には、ちょうど十月桜が咲いていた。バラ科の花で、小さい可憐な花を咲かせていた。
Rimg_5160_r
R20180108_100242_r
Rimg_5173_r
三階三層の天守閣に上る。日本一小さな現存木造天守であるという。
Rimg_5186_r
Rimg_5219_r
丸亀港や本島、飯野山(讃岐富士)や瀬戸大橋を遠望した。雨でぼんやりとした形しか見えなかった。
Rimg_5196_r
Rimg_5200_r
Rimg_5207_r
Rimg_5225_r
丸亀城を下りて、フェスタの行われている場所に行ったが、雨のために中断していた。鉄砲隊の砲撃を見たかったのだが、残念!
Rimg_5228_r
Rimg_5236_r
雨宿りを兼ねて、丸亀うちわの作成を見る。大変な手作業だ。ものへの愛おしむ気持ちが、昔のほうがあったような気がする。
Rimg_5244_r
Rimg_5243_r
Rimg_5256_r
讃岐うどんをいただく。やはり腰があって、実に美味しい。
Rimg_5252_r
Rimg_5260_r

また、うどん県を訪ねてみよう。本島や、巨大なクスノキのある志々島を訪ねたい。

青春18切符で、加茂まで約5時間。疲れが出たのか、つい寝入ってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 7日 (日)

自転車遍路

ホテルで自転車を借りて、にわか遍路になる。学生の頃、自転車で土佐の四国霊場札所を全て回ったことがある。40数年ぶりに追体験をしようと、思いついたのだ。

道路脇に、よさこい踊りの像がある。昔は、それほど大きな祭りではなかったような気がする。

Rimg_4986_r
Rimg_4979_r
約40分くらいで、四国霊場33番札所の雪渓寺に着く。雪がめったに降らないのに、このような名が冠せられている。長宗部家の菩提寺とされている。遍路さんが一人おられて、お経を唱えられていた。興味のある、石仏の方に視線が向く。帽子のかぶり方がおもしろい。
Rimg_4805_r
Rimg_4819_r
Rimg_4832_r
Rimg_4812_r
Rimg_4816_r
Rimg_4832_r_2
Rimg_4833_r
更に自転車に乗って進むと、ようやく太平洋が見えてきた。その雄大さに心がときめく。
Rimg_4837_r
Rimg_4850_r
桂浜に行く。太平洋の荒波に、油断していると足をすくわれそうだ。浜辺に座り小石を拾う。大岩の海鳥を撮影する。やはり危惧していた通り、突然波が伸びてきて、靴の上まで浸かってしまった。靴や靴下が濡れてしまったが、どうすることもできない。自然に乾かすしかないだろう。

Rimg_4876_r
Rimg_4878_r
Rimg_4890_r
Rimg_4905_r
Rimg_4903_r
浦戸湾を遙か下に眺めながら、大橋を渡る。
Rimg_4910_r
Rimg_4918_r
鰹を模した店がある。時間が無いので、通り過ぎる。
Rimg_4924_r
五台山まで行き、自転車から降りて歩く。四国霊場31番札所の竹林寺に参る。初詣の人が多い。やはり石仏のほうに、目が向いてしまう。五智如来は、大日如来の悟りの世界を表す立体曼荼羅である。
Rimg_4929_r
Rimg_4962_r
Rimg_4935_r
Rimg_4955_r
Rimg_4933_r
Rimg_4938_r
Rimg_4947_r
Rimg_4960_r
近くに牧野植物園がある。時間が無いので、パスする。もっと良い季節に、必ず訪ねてみたい。
Rimg_4967_r
Rimg_4971_r
五台山展望台から、高知市街がよく見える。
Rimg_4976_r
高知城まで行く。追手門から真っ直ぐ伸びる追手筋には、フェニックスやクスノキが植わっている。ここで、日曜市が開かれている。およそ400店というから、日本最大の市だろう。学生の頃には、何も買うものがないのによく来ていた。店主と買い物客との会話がおもしろいので。

本当にいろんな物を売っている。植木や園芸、骨董や手作り作品、魚介類や季節の野菜など、売ってないものが無いほどである。しかも安いのにはビックリするほどである。やはり食べるものが一番多い。文旦、春の七草、芋の天ぷら、トマト、キムチ、自家製パン、漬物、味噌・・・・、限りない!
Rimg_4987_r
Rimg_5013_r
Rimg_5021_r
Rimg_5033_r
Rimg_5002_r
Rimg_5014_r
Rimg_5018_r
Rimg_5026_r
Rimg_5029_r
Rimg_5038_r
Rimg_5045_r
成人式を終えた若者たちも、遊びに来ていた。

日曜市の初市で、2時頃には早々と店じまいするところがあった。協力しながらてきぱきと店をたたみ、あっという間の作業だ。
Rimg_5070_r
Rimg_5071_r
名残惜しいが、高知を後にする。
Rimg_5080_r

土佐への旅で、いくらか青春を探すことができたような気がする。悲しすぎることだが、土佐の友人は死去していた。

3月上旬の「土佐のおきゃく(宴会)」の頃に、一度来てみたい。中心街を開放して、県内外の人たちが酒を酌み交わすらしい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 6日 (土)

酒と鰹と海と

土佐二日目は、快晴だった。駅前の志士たちは格好良すぎるので、好きでなく足早に過ぎる。明治維新から150年経つ。歴史教科書では評価するように書かれているが、正しく検証する必要がある。

Rimg_4540_r
今日は、青春18切符を使う。伊野駅を過ぎると、最後の清流と言われる仁淀川。小さい駅を何駅も過ぎて、ようやく土佐久礼駅に着く。

Rimg_4563_r
Rimg_4571_r
Rimg_4585_r
Rimg_4588_r
Rimg_4717_r
中土佐町は、「土佐の一本釣りの町」として知られる港町である。この町に、江戸中期に創業した、県内最古の酒蔵がある。早速、酒蔵に直行。

四万十川源流の里でできた米を使い、仕込み水は四万十川伏流水である。試飲の酒を、各種何杯もいただく。地名を酒名にした「久礼」(生酒)を買い求める。蔵の奥から持ってこられた、作りたての酒である。
Rimg_4624_r
Rimg_4600_r
Rimg_4606_r
Rimg_4618_r
海の方へ行く。漁港のそばで、アジを干物用にさばいている。
Rimg_4640_r
Rimg_4639_r
Rimg_4636_r
Rimg_4631_r
津波一時避難タワー(純平タワー)がある。しばらく海を眺める。双子のような、双名島が見える。
Rimg_4656_r
Rimg_4651_r
Rimg_4647_r

久礼八幡宮に参る。小賀玉の木に取り囲まれている。土佐三大祭の「おみこくさん」を、秋に見に来よう。
Rimg_4660_r_2
Rimg_4662_r
Rimg_4667_r

久礼大正町市場に行く。魚がとんでもない安さだ。しかも、生きが良い。鰹のたたきと、天ぷらを買い求めて、再び浜へ行く。

Rimg_4708_r
Rimg_4677_r
Rimg_4678_r
Rimg_4679_r_2
Rimg_4681_r
Rimg_4685_r
Rimg_4680_r
Rimg_4683_r
Rimg_4697_r
Rimg_4694_r
太平洋を見ながら、「久礼」をいっぱい飲る。鰹のたたきが、たまらないほど美味しい。至福の時である。
R20180106_124944_r
Rimg_4703_r
Rimg_4706_r
土佐新荘まで行く。道の駅「かわうその里すさき」で鰹のたたきを買い求める。ショップ「たけざき」で、出汁巻きを買い求める。富士ヶ浜まで歩き、太平洋を見ながら、またいっぱい飲る。
Rimg_4722_r
Rimg_4733_r
Rimg_4723_r
Rimg_4726_r
Rimg_4747_r
Rimg_4751_r
Rimg_4758_r
須崎駅から乗車して、佐川駅で下車する。ここには、「司牡丹」の酒蔵がある。学生の頃、この酒が一番好きでよく飲んだものだ。搾られたばかりの「司牡丹あらばしり」を買い求める。
Rimg_4768_r
Rimg_4770_r
Rimg_4772_r
Rimg_4778_r
Rimg_4775_r
Rimg_4789_r
Rimg_4788_r
ホテルでは、鰹のたたきがまた出てきた。やはり浜辺で食べた方が、格段に美味しい。
R20180106_191046_r

部屋に戻ってからも、司牡丹をちびちび飲む。若かった頃の思い出が、走馬燈のように次々に浮かんでくる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

青春を探しに土佐へ

大学時代は、酒と学生運動と旅に明け暮れた。あまり勉強をしたような記憶は無い。太平洋にひかれて、初めて親元を離れて学生生活を送った。引っ越しも、失恋も、数え切れないほどした。

そんな大学時代の自分を探しに、土佐を流浪した。

岡山まではおとなび切符(2400円)、岡山からは高知観光きっぷ(特急往復、4日間有効、6480円)、青春18切符の格安切符を利用した。

大歩危・小歩危を窓から眺める。

Rimg_4412_r
Rimg_4402_r
高知駅で下車して、まず飛び込んだのは坂本龍馬ではなく、「べろべろの神様」。これは、土佐の酔たんぽ(ヨッパライ)たちの願いを受けて、偶像化されたという。

学生時代に毎晩のようによく飲んだのを、懐かしく思い出した。べろべろに酔っ払って、一升瓶を担いだまま川に落ちたこともある。

Rimg_4545_r
少し雨が降っていた。はりまや橋まで歩く。土佐国はやなせたかしさんの故郷であるので、アンパンマンがよく目につく。

Rimg_4422_r
Rimg_4427_r
早速、ひろめ市場に行く。ここでは昼間から飲んでいる人が多いので、気が楽だ。
Rimg_4430_r
Rimg_4442_r
Rimg_4433_r
お目当ては、大好物のカツオのたたき。藁焼きをしているのに、目を奪われる。簡単なようで、難しそうだ。
Rimg_4461_r
Rimg_4452_r
Rimg_4459_r
Rimg_4440_r
今朝とれた「どろめ(鰯の稚魚)」や、鯨の竜田など、珍味を売っていた。これからの予定があるので、辛うじて飲むのを控える。
Rimg_4451_r
Rimg_4443_r
高知城に上る。学生のころ図書館に来た折に、よく寄っていた。「板垣死すとも自由は死せず」の像が、樹齢約270年の栴檀(せんだん)の傍らに立っている。
Rimg_4498_r
Rimg_4483_r
Rimg_4474_r
Rimg_4470_r
高知文学館では、ちょうど「酒と文学展」をしていた。

Rimg_4494_r
Rimg_4495_r
雨が上がって、晴れ間が見えだした。宿泊するホテルに行き、自転車を借りる。これで、行動範囲が広がる。

龍馬の生まれたまち記念館を訪ねる。今年は、明治維新から150年に当たる。記念すべき年なので、この維新を美化するばかりではなく、どう評価するのか新しく捉えなおすべきだろう。
Rimg_4509_r
Rimg_4510_r
鏡川を渡れば、母校がある。

Rimg_4511_r
卒業後43年経ち、母校を訪れた。校舎も周辺も、たいへんきれいになっていた。なぜか寂しくなった。物足りなかった。

私の通っていた頃は、門や構内に学生運動の大きな立て看板が乱雑に置かれていた。それぞれのセクトが、違ったヘルメットをかぶりゲバ棒を持ち、ジグザグデモをしていた。大学が封鎖されたこともある。
Rimg_4513_r
Rimg_4515_r
Rimg_4517_r
Rimg_4519_r
何度も引っ越しをしたが、最後にいた下宿先を訪ねてみる。家賃は確か、5000円であったと思う。風景が変わっていて、その場所が分からなかった。
Rimg_4522_r
ホテルに戻り、夕食。ビールや日本酒を飲み、部屋に戻り、持参した焼酎を飲んだ。
R20180105_190234_r
R20180105_192517_r
昔のことが次々に思い出されて、酒を飲みすぎたようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年1月 4日 (木)

ハレからケに

正月が瞬く間に終わった。

R20180103_204334_r
怠けた体をシャキッとするために、当尾大門の陶芸工房まで歩いて行く。冬枯れの田畑は、荒涼としている。

R20180104_100619_r
R20180104_100626_r
新川から別れて、山を登っていく。
R20180104_101142_r
R20180104_101129_r
千日墓地に参る。石仏に、今年もよろしくお願いしますと、お祈りする。温かい表情で迎えていただいた。
R20180104_101655_r
R20180104_102113_r
R20180104_102154_r
R20180104_102310_rR20180104_102358_r
R20180104_102741_r
しばらく陶芸に没頭する。土は冷たくて、根性がいる。30センチ内外の皿を、轆轤でつくる。
R20180104_144919_r
昨年秋頃から作った作品が、焼かれるのを待っている。
R20180104_144930_r
R20180104_144954_r
陶芸を終えて、畑に出てみる。ワサビ菜や水菜が、成長している。
R20180104_150348_r
R20180104_150407_r
ハッサクを収穫する。ひとつ試食したが、甘くなっている。
R20180104_150502_r
また、歩いて帰る。南天の群生がある。
R20180104_154641_r
大門の石仏に、今年もよろしくとお祈りする。
R20180104_151831_r
家まで、片道約1時間。寒風の吹く中、ひたすら歩いた。

ハレからケに、また日常が戻ってきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«湖北