2017年7月16日 (日)

「風かたか」上映会&山城博治講演会

7月16日(日)に、奈良県人権センターで「風かたか」上映会&山城博治講演会が行われた。

奈良まで電車で行くことにする。退院後初めての遠出である。見馴れた風景なのだが、新鮮に感じる。

Rimg_8500_r
奈良駅から約1.5キロあるが、リハビリを兼ねてゆっくりと歩く。

Rimg_8502_r
主催は、奈良ー沖縄連帯委員会と沖縄の高江・辺野古につながる奈良の会である。

あまり動けないが、会場準備を手伝う。

開場の頃には、椅子を追加するほど多くの人で賑わっていた。200人余りの参加者である。

「風かたか」の映画には、高江や辺野古の新たな軍事基地建設に対して、しなやかに、したたかに抗議活動をする人たちが描かれていた。政府が暴力で弾圧しても、けっして屈しない人々の姿を見ていると、思わず熱いものが頬を流れていた。

宮古島や石垣島の自衛隊基地の建設に反対する人々のことも、映画には取り上げられていた。「命どぅ宝」に基づいて活動する彼らの姿は、非常に説得力があり、ぐんぐん訴えてきた。

Rimg_8504_r

上映後に、集会宣言が読まれて参加者一同の大きな拍手で承認された。

「命と暮らしに直結する自然を未来に引き継ぎ、二度と戦火で荒らさず、平和の灯を奈良と沖縄から連帯して全国に、全世界に広げていくために、私たちは政府の押しつけてくる不義に決して屈せず、沖縄を決して再び戦場にしない。日本を戦争国家にしない。そして、そのことを諦めない。それをここに宣言する。」

沖縄平和運動センター議長である、山城博治さんの講演が始まった。

Rimg_8510_r
山城さんは米軍基地による人権侵害に対して、平和的な抗議運動を行ってこられた。辺野古や高江での抗議行動で前線に立って闘われる、熱血漢のリーダーである。ただただ沖縄から基地を無くしたいという純粋な思いで、横暴な権力に対して憤怒の限りを表現される。基地前では、理路整然たるスピーチだけではなく、歌や踊りも披露されて、座り込む人たちの心を励まし勇気づける。

Rimg_8514_r
山城さんは抗議活動のさなか、有刺鉄線を切るなどとした微罪で5ヶ月拘留された。その間弁護士以外との接見は禁じられ、家族と会うことも許されなかった。自供と抗議運動からの離脱を迫られたが、毅然として黙秘を貫いて屈しなかった。

スピーチの中で、山城さんはその時の苦しさや辛さを正直に吐露された。仲間の応援する声が牢屋に聞こえてきたときには、更に奥の部屋に移動させられたということだ。それでもなお彼は信念を曲げなかった。聞いていて、もう胸がいっぱいになった。

権力側の見せしめと分断であり、これは到底許されるものではない。

Rimg_8517_r
山城さんは、国連人権理事会で演説された。

「私も沖縄県民もこのような弾圧に屈しません。私は日本政府が人権侵害をやめ、沖縄の人々の民意を尊重することを求めます。」

演説の後に、「Human Rights Defender(人権擁護者)」と称賛されたということだ。本土のメディアはこのことを報道したのであろうか。

奈良駅までまた歩いて行く。

久しぶりの集会参加で、少し興奮気味であった心を静めながら歩いた。

Rdsc_5085_r
「沖縄の闘いから学んだものは、何か。それは、諦めない心と、団結と、おおらかさだ。」

奈良ー沖縄連帯委員会の代表である崎浜氏の声が、いつまでも響いていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

久しぶりに畑へ

退院して、仕事にも何とか復帰した。週三日ではあるが、車通勤を許可されたので通っている。右足の負傷だったら無理だった。
休みの日に、妻と畑に行った。久しぶりに行くと、畑の周辺は、雑草が凄まじく伸びて、山に戻りつつあるようだった。
畑は、妻と友人が草取りをしてくれていた。
1500154070262.jpg

まだ装具をつけないと歩けない。でこぼこの土の上や、傾斜しているところでは、
不安定で歩けず草取りができない。歯痒い気がするが、もうしばらくの辛抱だろう。
アスパラガス、シソ

1500154071733.jpg

1500154072996.jpg
サツマイモ、茗荷、落花生

1500154075178.jpg

1500154076300.jpg

1500154077476.jpg
ミニトマトやシシトウを収穫する。

1500154078676.jpg

1500154079943.jpg
帰宅して、シソジュースを作った。シソの爽やかな風味が心地好い。

1500154081359.jpg
何気ない日常を、大切に過ごしている。
週に二回、診察やリハビリのため病院に通っている。完治まで、まだ日にちを要する。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年7月 1日 (土)

退院

7月1日(土曜日)にようやく退院した。
5月2日以来、61日間の入院。
アキレス腱は回復しつつあるが、まだまだ装具をつけたままである。装具のカカトに板が七枚あるのだが、あと四枚残している。
一週間に一枚外していくので、あと四週かかる。
週に一・二回、通院して診察やリハビリをする必要がある。
退院祝いに、病院の健康教室に参加しランチをいただく。ゴーヤチャンプルやラフテーなど沖縄料理がメインだった。器は味気ないが、とても美味しかった。

1499118112323.jpg

1499118113287.jpg

1499118114867.jpg
二ヶ月ぶりに家に帰る。季節は巡り巡って、梅雨明け近くの蒸し暑さ。
百合の花に心洗われた。

1499118116004.jpg

1499118118238.jpg
孫が遊びに来ていたので、近くの公園に行く。
鉄棒の逆上がりを教えてやる。
このような何気ないことが、幸せというものなのだろうと、つくづく思った。

1499118119121.jpg
夕食は、妻の手料理。糖尿病のことがあるので、野菜料理が中心。ありがたいことだが、ビフテキなど食べてみたかった。

1499118120236.jpg
やはり、うちが落ち着く!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2017年6月28日 (水)

一日怠れば

毎日、午前と午後にリハビリがある。約1時ずつで、筋トレやアキレス腱周辺のストレッチなど、わりと厳しいものである。

1498707628904.jpg
リハビリ室に、長島茂雄の言葉が掲示してあっだ
①リハビリは嘘をつかない。
②一日怠れば二日後退する。
③毎日が自分との闘いである。
怠りがちな自分を戒めながら、これからもリハビリに努めたい。

1498777255974.jpg
理学療法士の方々にご指導を受けているが、この仕事の重要性について入院するまであまり知らなかった。リハビリ室のみならず、病室で高齢者たちの機能回復を一途にされている姿を拝見していて、仕事とは言え頭の下がる思いがする。
この病院では、20代30代の女性が多い。丁寧な言葉遣いや挨拶など、好感が持てる。

ヨタヨタ歩きで、近くを散歩する。

1498791187876.jpg
向日葵が早くも咲いていた。他にも花たちが。

1498791188872.jpg

1498791189928.jpg

1498791191430.jpg
夕方になれば、2階の各診察室も人気がなくなる。この時がチャンス!歩く練習をする。

1498791192678.jpg
9時に消灯!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月26日 (月)

異形の仏像

「現代仏師と読み解く 聖なる 異形の仏像」を読んでいる。
仏師の江里康慧が仏像についてわかりやすく解説して、「聖であろうとするがための異形の」仏像を紹介されている。

1498536355960.jpg
「あらゆる時代を通じて最も多く造像されたのは、如来像でいえば大乗仏教の浄土教の中心をなす阿弥陀像であり、菩薩像では観音浄土思想の浸透により観音像が多くつくられた。菩薩のなかでは、六道を輪廻する衆生を救済する地蔵菩薩も庶民からの尊崇を集めた。」
この本に紹介されている仏像のなかで、特に私の胸を打ったものを紹介したい。
楊貴妃観音像(泉涌寺)
楊貴妃の美貌が、そのまま観音像になっている。

1498536357111.jpg

五劫思惟阿弥陀如来座像(東大寺)
巨大な螺髪(天文学的な時間の経過を示す)に圧倒されてしまう。

1498536358139.jpg
みかえり阿弥陀像(禅林寺)
「永観おそし」と、如来が振り返り声をかけた。

1498539324930.jpg
馬頭観音像(浄瑠璃寺)
怒髪天を衝き、牙を剥き出す。慈悲が憤怒となって現れる。

1498539325878.jpg
聖観音立像(天台寺)
鉈彫りの鑿跡が残っている。仏が出現する瞬間を表す。

1498539327145.jpg
釈迦十大弟子像(大報恩寺)
表情、特に生き生きした目が素晴らしい。

1498539328039.jpg

『陶芸 窯焚きマスターブック』を読んでいる。私の使わせていただいている所には、ガス窯がある。仕事をすべて辞める、来年ぐらいから、本格的に焼成に取り組むつもりだ。

1498562043375.jpg
壁を乗り越えるために、もっと一途にやるしかないであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月25日 (日)

糖尿病クイズ

前川喜平氏が再び、記者クラブで会見した
1498373348364.jpg
 
官邸と内閣府に対して、「事実関係を認めず不誠実であり、真相解明から逃げている」と厳しく批判した。これは、国民大多数の意見だと思う。
安倍首相が「真摯に説明責任を果たしていく」というのであるならば、早急に臨時国会を開くべきである。
また、最初にインタビューしたNHKが、いまだに報じてないことに、疑問を呈していた。大本営発表に近づいているNHKに、受信料を支払いたくない思いだ!

福島原発告訴団が2012年に告訴した刑事裁判が、30日から始まる。私のところにも、案内が届いた。

1498383926209.jpg

1498383927251.jpg

東電元会長の勝俣被告ら、3人の津波対策への怠慢を厳しく断罪してほしい。超危険な原発に対しては、「万が一」を想定して備える必要があるはずだ。

病院内では、管理栄養士さんによって栄養教室が開かれている。糖尿病の治療をしているので、毎回参加している。
1498383928295.jpg

1498383929424.jpg
クイズ①「三大栄養素(タンパク質、炭水化物、脂質)の中で、血糖値を大きく上げるのは何か?」 答「炭水化物」
クイズ②「毎食食べる主食(ご飯、パン)の量を調節すれば、血糖値をコントロールできるか?」  答「yes」
クイズ③「ラーメン+焼き飯、ラーメン+野菜炒めのうち、どちらの組み合わせが糖尿病には有効か?」   答「野菜炒めとの組み合わせ」
クイズ④「バウンドケーキとチーズケーキでは、どちらが血糖コントロールに有効か?」 答「チーズケーキ」
クイズ⑤「間食で、飴やガムを食べることや、甘いジュースやコーラを飲むことは良いのか?」 答「まったく良くない。血糖値が急激に上がる。」

1498385978601.jpg
糖尿病患者にとっては、空腹感は致し方ないのであろう。
最近の朝食

1498385979783.jpg

1498385980708.jpg

1498385981615.jpg

最近の昼食(ひつまぶし が美味しかった)

1498385982561.jpg

1498385983679.jpg

1498385984598.jpg

最近の夕食

1498385985582.jpg

1498385986652.jpg

1498385987665.jpg

焼津産の鰹のタタキを、妻にねだった。私の大好物だ。

1498386427855.jpg
酒が呼んでいるが、辛うじて我慢できた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月24日 (土)

ま、いいか

根来寺の画僧、牧 宥恵さんの『心のほぐし絵』を読んでいる。
軽妙でほの温かい仏画に、すてきな言葉が添えられていて、その絵の世界に入り込んでしまう。

1498280917492.jpg

1498280918252.jpg

1498280919052.jpg

1498281980049.jpg
あまりクヨクヨせずに、ときには「ま、いいか」と積極的な諦めも必要であるだろう。

しかし、米軍や自衛隊のことだけは、絶対に「ま、いいか」というわけにはいかない。
朝日新聞記者の木村 司さんの『知る沖縄』を読んでいる。「普天間から辺野古への基地問題とは何か」、「押さえておきたい沖縄とべいくの基礎知識」、「沖縄戦を知らずして理解は深まらない」など平易な言葉で解説してある。
「基地が沖縄に集中していることによって日本本土の人の多くが気づいていませんが、日米地位協定は日本が抱えた厳しい現実です。」
作者の指摘するとおり、あまりにも不平等な地位協定を早急に改定すべきである。

1498281980820.jpg

1498285545457.jpg

沖縄戦後すぐの性別年齢別の人口調査を見れば、復興がいかに困難であったかがよくわかる。

1498296988217.jpg

昨日は、沖縄戦終結の日であった。沖縄で全戦没者追悼式が行われた。アベ首相が出席したが、沖縄の民意に反して辺野古新基地建設を進める彼への視線は、非常に厳しかった。「多くの戦没者の無念」が本当にわかるなら、早く米軍基地や自衛隊基地は撤去すべきである。彼の挨拶は、空疎な言葉の羅列であった。


1498285275831.jpg
九条に、一言たりとも加えるべきでない。現実を、九条に合うように懸命に努力をすべきである。平和は、そこにしかない!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

5ない答弁

終了した国会では、「認めない」「調べない」「謝らない」「反省しない」「辞めない」の政府の「5ない答弁」が目立った。
これでは政府に不信を抱く人が増えるのは、当然である。共同通信社の世論調査では、支持率44.9%で10ポイント急落した。不支持は43.1%で、まだ逆転に至ってない。この国の民は、まだまだ目覚めてはいない。

1498000099264.jpg

日本経済新聞や読売新聞では支持率49%なので、新聞社によって少し違いがある。しかし、現政権への信頼は急速に低下している。
政権幹部は、「何もしないのが一番だ。一週間もすれば世論は冷静になる。」と言い、野党の閉会中審査の要求を拒否するつもりである。
この国の民衆は、すっかりなめられてしまっている。ばかなテレビを見て笑い、政治への無関心に陥り、また安倍さまに任せとこうとなるようだったら、もうこの国の未来はないであろう。

お隣りの韓国は、この国とは違う。民衆の力によって、前大統領を弾劾して民主的な大統領を選出した。
1498011088864.jpg
文在寅(ムンジェイン)大統領が、「新規の原発建設計画は全面的に白紙化する」と宣言した。従来の原発を重視した政策を破棄して、脱原発を進める。「地震が原発の安全性に致命的」であり、「国民の生命を最重視し、政策を変更する時がきた」と強調した。また、福島の事故に触れて「原発が安全でも、安くもないことを明白に示した」と指摘した。
この国の宰相とは、天地の差がある。福島への帰還政策をとり、再稼働や原発輸出を進める、愚劣なアベよ!

『旅の手帳』7月号は「青春18切符」を特集している。

1498017853872.jpg

1498017855413.jpg
私の故郷近くの福塩線、三江線に乗る旅が紹介されていた。江の川沿いを走るローカル線で、来年廃線になるという。その前に、ぜひ乗りたい!

1498017856458.jpg
車窓に太平洋を望み、紀伊半島を一周する、紀勢本線のコース、車窓に中央アルプスを望み、温泉をはしごする飯田線のコース、などなど数多く紹介されていて、興味は尽きない。
1498017857579.jpg
退院後、また旅人になるであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月19日 (月)

内閣支持急落

毎日新聞の世論調査によれば、安倍内閣の支持率が36パーセントに急落したという。不支持率は44パーセント。共謀罪や加計学園問題などで、この政権の欺瞞性や危険性がようやく国民にも浸透しつつある。
国会閉会前に、この調査をしても同じ結果となっていたであろう。そして、強行採決はできず、共謀罪は廃案になっていたかもしれない。

1497855870457.jpg

私からすれば、まだまだ支持率が高すぎ、不支持率は低すぎる。
もっともっと私物化独裁政権に対して、民衆は怒るべきだ。次の衆議院選挙まで、その怒りを持続することができるなら、自公維はボロ負けするだろう!

その他のアンケート結果は、次の通りである。わりとまともな数字であるが、九条加憲については、反対はもっと多くいてほしい。
○九条加憲  賛成27%  反対36%
○2020年施行 急ぐべきだ 賛成25%  反対60%
○加計学園をめぐる政府の説明  納得10%  納得せず74%
○国会閉会後の検証続行  賛成59% 反対26%
○共謀罪 法律に賛成32%   反対47%
○共謀罪 十分に審議された12%  審議されていない69% 

病院近くの紫陽花が、雨を欲しがっている。

1497862717856.jpg

私の住んでいる所の隣町、笠置町が舞台となっている映画が上映されている。
『笠置Rock!』のタイトルで、「日本初のボルダリング 青春映画」「ここの人たちは皆、ロックな奴らだぜ。」「人口約1400人 日本で二番目に人口の少ない町、総出で作った究極の地域映画。」と解説がされている。

1497862719114.jpg
笠置町には知人がいるが、ロックな人はあまり知らない。
木津川沿いには巨岩があり、岩登りをするのに最適だ。この映画によって、若者たちが笠置町を好きになり、過疎化を食い止めることができたらいいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月18日 (日)

東京から

東京から長男が、三歳の娘を連れて見舞いに来てくれた。本当にありがたいことだ!
父の日ということで、子供たちは私のリクエストに応えてくれて、みんなでヒゲソリをプレゼントしてくれた。

1497774233300.jpg
大事に使わせてもらおうと思う。

1497774234419.jpg

歩く練習をしている。まだヨチヨチ歩きしかできない。病院の周辺を、休憩しながら歩く。
歩くことが、こんなにも嬉しいとは!

1497775099688.jpg

1497774235878.jpg
階段の上り下りは、まだまだぎこちない。妻のいつもの隠し撮り!

1497775100649.jpg

『103歳になってわかったこと』篠田桃紅を読んでいる。篠田さんは、墨を用いた抽象表現主義者として著名である。高齢の現在も、芸術活動をされている。

1497774237496.jpg
「100歳を過ぎると、人は次第に『無』に近づいていると感じます。その一つに、私は作品を描きはじめると一切なにも思わなくなりました。作品と私の間には筆があるだけで、ただ描いているだけです。それは、筆が勝手に描いているという感覚で、なにかを表現したい、想像したい、造形をつくりたい、といった私の意識はどこにもありません。描いているという意識すらもありません。無意識のうちに、自然にできあがっていた。しかも、これまで見たことのない、まったく新しい境地の作品です。」
篠田さんには、もう創作の意識はなく、なにか大きな流れのなかで自然にされているのであろう。天地と一体となるような感覚であろうか。
私には、到底届かない雲の上の境地である。

夕食のメニューは、豚肉とおくらの煮浸し、大根の酢の物、ほうれん草のクリーム、揚げ茄子、味噌汁であった。その脇に、「父の日」の折り紙が添えられていた。こんなちょっとした心遣いが嬉しい!


1497777464857.jpg

1497777465872.jpg
いつもに増して、おいしくいただいた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ファッショナブルな仏さま