« 柳生を訪ねて(その2) | トップページ | 柳生を訪ねて(その4) »

2011年6月26日 (日)

柳生を訪ねて(その3)

菖蒲園を後にして、里を散策する。まず、柳生藩陣屋跡。陣屋は延享4年(1747)に焼けて、今では史跡公園になっている。

柳生街道を歩いていると、壊れたダイハツの車が自然と同化していた。。

ほうそう地蔵。元応元年(1319)の刻銘がある磨崖仏である。ほうそうよけを祈願して作られた。

柳生街道は奈良市高畑から約16キロある。剣豪たちがこの道を歩いて、柳生一族を訪ねたであろう。

六地蔵もおられた。

炭焼き小屋

良い炭ができていた。

天の石立神社へお参りする。柳生家の修練の場であった

前伏磐・前立磐・後立磐からなる巨石を、ご神体としている。

手力男之命が開いたという天の岩戸の扉が、空を飛んでここに落ちたと言われている。


この神社の奥に、一刀石がある。約7メートル四方の巨石が、中央で二つに割れている。

柳生宗厳が修行中に天狗と戦い、真二つに切ったということだ。

|

« 柳生を訪ねて(その2) | トップページ | 柳生を訪ねて(その4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/52054776

この記事へのトラックバック一覧です: 柳生を訪ねて(その3):

« 柳生を訪ねて(その2) | トップページ | 柳生を訪ねて(その4) »