« 岩船寺 | トップページ | 当尾の石仏を訪ねる »

2011年6月11日 (土)

岩船寺から浄瑠璃寺へ

岩船寺そばに、白山神社がある。天平勝宝元年(749)に、岩船寺の伽藍守護のために造立された。

石仏の道を戻る。お地蔵様の柔和な表情に、急ぎがちの足が止まった。

浄瑠璃寺の門前。閉門近くで観光客はあまりいなかった。

阿弥陀堂。地元では九体寺と呼ばれている。平安時代に流行った九品往生という思想に基づき、阿弥陀如来が九体安置されている。

池の対岸から阿弥陀堂を拝するのが正式である。

1107年に建立され、一度も火災に遭っていない。国宝である。
三重塔には薬師如来座像が安置される。平安末期に阿字池を造り浄土庭園が整備され、、東の薬師西の阿弥陀という浄土が完成した。

阿字池には菖蒲の花が咲いていた。


池畔には茱萸(ぐみ)が実っていた。

蓮の花。

浄瑠璃寺は紅葉の頃だけではなく、四季折々に魅力がある。



|

« 岩船寺 | トップページ | 当尾の石仏を訪ねる »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/51920483

この記事へのトラックバック一覧です: 岩船寺から浄瑠璃寺へ:

« 岩船寺 | トップページ | 当尾の石仏を訪ねる »