« 柳生を訪ねて(その4) | トップページ | 井手を訪ねて »

2011年6月28日 (火)

柳生を訪ねて(最終回)

6月25日(土)に訪ねたものです。
今川に鴨が1匹いた。逃げようともせず、水につかっていた。

八坂神社へ行く。柳生家最後の藩主、飛騨守宗冬が寄進した。

能舞台式拝殿があった。ここで大の字になって休憩した。

八坂神社近くの摩利支天山に登った。武道の守り神である、摩利支天を山頂に祀った。

柳生藩家老屋敷。

家老の小山田主鈴の屋敷である。

この縁は涼しくて、昼寝したかった。

殿様客間。藩主は江戸常駐で、めったに柳生には帰らなかったが、殿様の客間として用意されていた。

主鈴は柳生藩の家老であり、文政9年(1826)江戸から奈良に移り、藩体制の立て直しに成功した。

柳生家ゆかりの武具や民具が展示されている。


呼鈴・望遠鏡

昭和39年(1964)に、作家山岡荘八の所有となり、大河ドラマ「春の坂道」の構想を練った。

家老屋敷を後にして、酒蔵に寄ったが、残念ながら廃業していた。「春の坂道」という銘柄の美酒を楽しませてもらっていた。

今は、柳生焼きの店になっていた。息子さんが今年の近畿伝統工芸展に入選されたということであった。白磁や青磁が得意であるということだ。

ぐい飲みを買い求めた。湧き水は昔のまま出ていたので、飲ませてもらった。

家に帰る途中、南明寺に寄った。本堂は鎌倉末期のものである。小さな里山に溶け込んでいる。

寺近くの「コスモスの里」という店に立ち寄った。梅を買い求めて、帰宅して早速梅ジュースと梅酒を作った。出来上がりを楽しみに・・・・・!

|

« 柳生を訪ねて(その4) | トップページ | 井手を訪ねて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/52063463

この記事へのトラックバック一覧です: 柳生を訪ねて(最終回):

« 柳生を訪ねて(その4) | トップページ | 井手を訪ねて »