« 山城町 | トップページ | 小出裕章講演会 »

2014年1月31日 (金)

生駒から京終へ

午前中は陶芸をして、午後から生駒へ行く。

生駒市人権教育推進協議会主催による、やなせななさんのコンサート&トークに参加する。副題として「心から心へと伝えられるあいのうた」とあるように、やなせさんは子宮体がんという病魔に襲われて、いかにそれを乗り越えて生きてきたかを語られた。また、現在も「負けないタオル」などの歌を通して東北の支援をされているお話をされた。そして、その話に関連する自作の歌を歌われた。やなせさんは、「歌う尼さん」として「これからも誰かの心に寄り添う歌を歌い続けて」いかれることだろう。生かされている限り精一杯生きていこうとされる、やなせさんの生き方が、歌ににじみ出ていて、心にしみいるような歌ばかりである。

写真撮影は禁止だったので、写真はない。

Rimg_6608_r
Rimg_6610_r_2
近鉄電車に乗り、奈良に帰る。
Rimg_6614_r
玄興寺では明日、節分柴燈護摩会が行われる。
Rimg_6620_r
ならまちを歩いて、京終(きょうばて)まで行く。
Rimg_6625_r
元興寺の小塔院址には水仙が咲いていた。
Rimg_6627_r
奈良町の寺を通り過ぎる。

安養寺(室町時代)
Rimg_6632_r
Rimg_6630_r
徳融寺(小説家の保田与重郎の短歌)
Rimg_6634_r
Rimg_6636_r
称念寺(江戸初期)
Rimg_6640_r
Rimg_6641_r

イゲタ醤油(井上本店)レンガ蔵で、醤油や味噌を造っている。創業は江戸末期という。

お目当ての米麹を買う。これで甘酒を作る。
Rimg_6648_r

Rimg_6643_r
Rimg_6644_r
Rimg_6647_r
再びならまちを通る。音声(おんじょう)館を過ぎる。
Rimg_6651_r
Rimg_6652_r

奈良町からくりおもちゃ館に寄る。無料なのがありがたい。奈良大学の先生が研究をされていて、ここに寄贈された。

Rimg_6654_r
Rimg_6681_r
鐘うち人形(砂の落下する力を利用して、人形に鐘を撞かせるからくり人形。)

表側
Rimg_6675_r
Rimg_6674_r
裏側(箱を回転させると、落ちた砂が元に戻る仕掛けになっている。)
Rimg_6676_r
猫とネズミ(猫の乗った箱のふたを引くと、ネズミが顔をのぞかせる。)
Rimg_6679_r

影絵(障子にさまざまな影を映して楽しむ。酒宴では人が趣向を凝らして演じた)
Rimg_6668_r
Rimg_6670_r
さや絵(漆塗りの刀のさやに、ゆがんだ絵が正常なものに映る。)
Rimg_6666_r
もちつきのからくり人形
Rimg_6656_r
お面を被るお猿さん
Rimg_6658_r
江戸末期の町屋を改造した。代々うなぎ屋さんをされていたが、奈良市に寄贈された。
Rimg_6685_r
Rimg_6682_r
細川家住宅(19世紀初頭)和蝋燭を製造していた。
Rimg_6688_r
Rimg_6690_r
現在も墨を作っている。
Rimg_6691_r
Rimg_6692_r

奈良町に来るといろんな発見がある。

|

« 山城町 | トップページ | 小出裕章講演会 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/59064485

この記事へのトラックバック一覧です: 生駒から京終へ:

« 山城町 | トップページ | 小出裕章講演会 »