« 辺野古・高江(12/26) | トップページ | 初詣 »

2014年12月27日 (土)

辺野古・高江(12/27)

今日はもう帰らなくてはいけない。ウチナーンチュたちと共に、もう少し行動したい。

夜明けの大浦湾を見に行く。その後、集落を散策する。

Rimg_1780_r
Rimg_1782_r
Rimg_1787_r
大浦のマングローブ林に立ち寄る。
Rimg_1796_r
Rimg_1801_r
辺野古の集落を回る。米軍相手にやっていた店は、既に営業をやめているようだ。
Rimg_1803_r
テント村に来て、ウチナーンチュたちと語り合う。次から次にテント村を訪ねて県外の人たちがやって来る。バスで多人数やってこられた。安次富さんは丁寧に解説されていた。
Rimg_1806_r
Rimg_1808_r
Rimg_1809_r
Rimg_1810_r
Rimg_1812_r
名護市役所を訪ねる。稲富さん、がんばれ!
Rimg_1814_r
市内にあるひんぷんガジュマルは、樹齢約300年。
Rimg_1818_r
Rimg_1820_r
名護城跡に上る。14世紀頃のナングスク跡である。
Rimg_1828_r
Rimg_1830_r
Rimg_1832_r
名護市を辞して、西海岸を南下する。安富祖の海。
Rimg_1844_r
Rimg_1847_r
Rimg_1848_r

嘉手納市の沖縄そば店に寄る。3種類の肉が載っていた。

Rimg_1855_r

嘉手納基地は、極東で最大活最も活発な基地である。滑走路は3700mのものが2本もある。こんな物は早く無くさなければならない。

Rimg_1857_r
Rimg_1860_r
Rimg_1862_r
Rimg_1867_r
Rimg_1872_r
Rimg_1875_r
普天間基地は、宜野湾市の真ん中にある、世界で元も危険な基地である。2004年に近くの大学にヘリコプターが墜落して、尊い命が失われた。なんのための軍隊なのか、誰のための軍隊なのか、軍隊は決して人民を守りはしない。早くこんな基地は無くして返還させなければいけない。
Rimg_1879_r
Rimg_1881_r
Rimg_1888_r
Rimg_1891_r
まだ時間があったので、夕暮れ時に首里城を訪ねる。

Rimg_1920_r
Rimg_1927_r
Rimg_1942_r
Rimg_1946_r
沖縄県庁を訪ねる。翁長さん、ヤマトゥーの横暴な政権に抗い続けて欲しい。
Rimg_1958_r
8時過ぎの格安航空機で帰る。
Rimg_1965_r
家に着いたのは、日付が変わっていた。
翌日は、「沖縄の辺野古高江につながる奈良の会」のメンバーとして、奈良駅前でビラ配りとスピーチをした.その後、奈良の会の忘年会に参加した。「圧殺の海」のDVDをみんなで見て、益々怒りが込み上げてきた。

みなさん、たいへんお世話になりました。

|

« 辺野古・高江(12/26) | トップページ | 初詣 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/60889302

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古・高江(12/27):

« 辺野古・高江(12/26) | トップページ | 初詣 »