« 9月の陶芸作品など | トップページ | 院展・河井寛次郎展 »

2016年9月22日 (木)

月下美人と鳴門金時

昨夜、再び月下美人が咲いた。妻によると、一昨日のほうが花は多かったというが、寝てしまって撮れなかった。1年に2回咲くらしい。

Rimg_1475_r
Rimg_1479_r
庭は狭いが、いろんなものを植えている。花梨は、葉をすっかり虫に食べられてしまった。消毒しないので、やむを得ない。

Rimg_1490_r_2
Rimg_1491_r_2
Rimg_1495_r_2
朝顔にも、いろんな品種があるらしい。
Rimg_1483_r
珍しく妻と共に、パンを買いに行く。あまり一緒には行動しない。それのほうがお互いに平和だから。峠を越えると、「無鉄砲」がある。全国的に有名な行列のできるラーメン屋だ。個人的にはそれほど好きではない。
Rimg_1510_r
Rimg_1511_r
その近くに、パン屋「REGAL+E(レガル)」がある。この店は、地域で評判のパン屋である。
Rimg_1498_r
Rimg_1500_r

妻を家に降ろして、当尾の畑に行く。胸騒ぎがするので、芋掘りをする。栗の木の実が殆ど無くなったので、次はサツマイモを狙ってくるのではないかと思ったからである。あと2畝ある。

「鳴門金時」

Rimg_1529_r
「安納こがね」
Rimg_1530_r
Rimg_1534_r
栗も収穫する。
Rimg_1541_r
バジルを採ったのだが、その利用法が分からない。
Rimg_1536_r
他にもいろいろ収穫した。
Rimg_1539_r
猿対策で、残り二畝に金網やネットを被せた。賢い猿は、ものともしないかも知れない。
Rimg_1542_r

この当尾には、柿の木が多い。畑のすぐ近くの柿の木から、熟柿を頂く。

Rimg_1564_r
Rimg_1560_r
白菜やターサイなどの秋野菜を植える。
Rimg_1567_rRimg_1568_r_2

しばらくの間、陶芸三昧。この集中する時間が、今は好きになった。

Rimg_1572_r_2
葉っぱが一枚、蜘蛛の糸にぶらさっがていた。
Rimg_1576_r_2
帰りの道ばたには、キノコが生えていた。キノコについても、もっと知識を蓄えていきたい。
Rimg_1551_r
Rimg_1557_r_2









|

« 9月の陶芸作品など | トップページ | 院展・河井寛次郎展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64245639

この記事へのトラックバック一覧です: 月下美人と鳴門金時:

« 9月の陶芸作品など | トップページ | 院展・河井寛次郎展 »