« リトル沖縄 | トップページ | 忍者現る »

2016年10月 1日 (土)

もんじゅも原発もいらない!戦争いやや!関西集会

「もんじゅも原発もいらない!戦争いやや!関西集会」がエル大阪で行われた。

Rimg_1922_r

井戸謙一さんが「ノーモア原発震災」と題して講演された。元裁判長で、現在は原発差し止め裁判などで中心的に活動されている弁護士である。まさに正義の人である。

理論的に、かみくだいてわかりやすくプレゼンしてくださった。その一部を紹介したい。

Rimg_1842_r
地震多発地帯の原発は、現在日本だけである。活断層の集中している若狭の地に、もんじゅを含めて原発が集中しているのはたいへん危険なことである。関電が定めた基準値進藤は、大飯で865ガル、高浜で993ガルしかなく、これでは全く安全は保証されない。
Rimg_1830_r
Rimg_1835_r
Rimg_1837_r
Rimg_1840_r

原子力規制委員会には、地震学の専門家がいない。それゆえに事業者の基準値振動の計算をチェックできない。原発の安全よりも、順調な再稼働を優先することしかないようだ。

Rimg_1855_r

フクイチ後に、裁判所の変化が見られる。フクイチ前は2勝36敗であるが、フクイチ後は4勝6敗である。大津地裁で、現に動いている原発を司法の力で止めたことには大きな意義がある。避難計画をも視野に入れた、幅広い規制基準が必要である。
Rimg_1864_r
Rimg_1866_r
Rimg_1870_r
新規制基準は世界最高の厳しさ(新たな原発安全神話)、原発事故程度の被曝によって健康被害は生じない(放射能安全神話)、福島事故の責任を不問にする(無責任体制)により、原発再稼働に邁進している。この原子力ムラの戦略を絶対に許すことは出来ない。
Rimg_1874_r
Rimg_1875_r
原発は必ずゼロにすることが出来る。問題は、次の過酷事故に間に合うか否かである。
Rimg_1881_r
Rimg_1883_r
Rimg_1884_r

中嶌哲演さんが原発立地の若狭の住人の立場から、熱情と怒りをもってアピールされた。

「若狭の15基の原発群は、「フクシマ」直前までは関西圏の電力消費の55%をまかなってきました。この差別的な原発立地・電力需給構造にこそ目を向け、根本的に反省し議論して頂きたい。」

「各原発から5~10キロ圏内の住民は、被曝線量が平常の1万倍になるまで、屋内退避を強いられ、避難指示が出されないような大事故を織り込み済みの「再稼働」が強行されている。フクシマ以降においてすら、このような原発現地・周辺住民を犠牲(いけにえ)にして恥じないことが許されるのでしょうか。」

Rimg_1888_rRimg_1891_r

小林圭二(元京大原子炉実験所講師)さんが「増殖も減容も無理なもんじゅ」と題してスピーチされた。

「配管の非常に薄いもんじゅは、地震動に弱い構造である。核暴走しやすく、プルトニウムを燃料に使うもんじゅが、過酷事故を起こせばフクイチどころではない。」

「もんじゅについやされた税金は1.1兆円。実用化は65年を引き延ばされ、増殖の夢は実現しなかった。延命措置としての『減容』ということはまやかしであり、むしろ人体により有害な核種が新たに生み出され、結果的に中・低レベルを含めた放射性廃棄物総量は際限なく増加する。」

Rimg_1892_r

雨宮処凜さんと元衆議院議員の服部良一さんとの対談があった。テーマは、「若者の未来を奪う戦争と原発」である。雨宮さんは、自分の頭で考えたことを自分の言葉で表現されていた。民衆の側に立つすばらしい作家である

Rimg_1902_r
「 3・11前と、3・11後。一人ひとりが「あなたにとって大切なものはなんですか」と幾度も問われた大災害。あの日から、何が変わり、何が変わらなかったのか。そして、この国はどう変わり、どう変わらなかったのか。」
Rimg_1904_r
Rimg_1905_r
雨宮さんは、「生活苦しいヤツは声あげろ貧困叩きに抗議する新宿緊急デモ@アルタ前」のことを取り上げられた。
「私たちAEQUITAS(エキタス)は普段、最低賃金1500円を求めてブラック資本主義に対抗しようと活動している市民運動です。」

「27日のデモは、一連の貧困バッシングに抗議するデモです。一連のバッシングは、その地域で標準的な生活を送れない状態を指す「相対的貧困」を全く理解していません。このような無知なバッシングにもかかわらず、政治家がこれを助長するような発言を公式に行うことには強い怒りを感じます。こうしたバッシングを許していては、ただでさえ自己責任論の根強いなかで声をあげられなくなっていきます。バッシングは許されるべきではないということ、怒っている人がこれだけいるのだということを可視化することは非常に重要だと考え、エキタスで今回のデモを企画しました。」
Rimg_1906_r
高校生平和大使の横山さんがスピーチされた。1998年から毎年、高校生平和大使が公募で選ばれて、国連を訪問して核兵器廃絶と平和な世界の実現を訴えている。このような若者の行動に深く共感し、賛同する。

Rimg_1914_r
もんじゅは、これまで一兆円以上のお金がつぎ込まれ、さらに今でも、年に200億円、一日に5500万円が使われている。高速増殖炉の破綻について、明確な責任を求めたい。そして、早く廃炉にすべきである。

|

« リトル沖縄 | トップページ | 忍者現る »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64292082

この記事へのトラックバック一覧です: もんじゅも原発もいらない!戦争いやや!関西集会:

« リトル沖縄 | トップページ | 忍者現る »