« 松山 | トップページ | 宮島 »

2016年11月26日 (土)

広島

松山港から呉港へ、高速船で渡る。乗船券(4000円)も松山・広島割引切符(14500円)に含まれている。新幹線にも乗れて、かなりお得な切符である。

Rimg_7864_r
音戸ノ瀬戸を過ぎる。
Rimg_7865_r
Rimg_7869_r
海上自衛隊の戦艦などが見える。ゾッとしてしまう。有事の際は、必ずここが狙われるだろう。こんなものはいらない!
Rimg_7874_r
Rimg_7875_r
呉から広島へ。まず平和公園へ行く。

原爆ドームはいつ見ても、原爆投下のイメージが生々しくわき起こり、心が痛む。
Rimg_7889_r
Rimg_7890_r
「私は永久に夢を持つ。ただ年少時のごとく。ために悩むこと浅きのみ。」の鈴木三重吉の言葉が、心に響く。
Rimg_7887_r

原爆の子の像には、折り鶴が実に数多く置かれている。「これはぼくらの叫びです。これはぼくらの祈りです。世界に平和を築くための。」
Rimg_7896_r
平和祈念像
Rimg_7903_r
原爆死没者慰霊碑には、外国人を含めてたくさんの人たちが訪れて、平和を願っていた。その傍らに、ある旗がはためいていたが、そぐわないなと思った。戦時中はこの旗を先頭に侵略して、そして広島に原爆が落とされた。この旗は、殺し殺されたことの象徴とも言える。侵略された国の人たちはこの旗を見て、けっして良い思いがしないだろう。
Rimg_7926_r
Rimg_7906_r
「祈りの像」
Rimg_7908_r
峠三吉の「ちちをかえせ ははをかえせ」の詩碑は、必ず訪ねる場所である。
Rimg_7912_r
「アオギリに託して」の映画は感動的なものであるが、それに出てくる。爆心地から1500メートルの近さで被曝して翌年芽が出たので、人々に大きな勇気を与えた。
Rimg_7916_r
Rimg_7920_r
イチョウの葉が落ちつつある。
Rimg_7913_r
「嵐の中の母子像」右手で乳飲み子を抱き、左手で乳児を背負おうとして、前屈みの姿勢で生き抜こうとする。母の愛の強さを感じた。
Rimg_7921_r
原爆犠牲国民学校教師とこどもの碑
Rimg_7924_r
Rimg_7929_r
平和の像「若葉」
Rimg_7923_r
この公園近くのホテルで、これから結婚式と披露宴が行われるので参加する。妻や子たち、孫たちと合流する。

|

« 松山 | トップページ | 宮島 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64554577

この記事へのトラックバック一覧です: 広島:

« 松山 | トップページ | 宮島 »