« 米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2016(基地前にて) | トップページ | 落花生とサツマイモ »

2016年11月 6日 (日)

米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2016(京丹後文化会館にて)

米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2016が、京丹後市峰山の丹後文化会館で行われた。主催は、米軍基地建設を憂う宇川有志の会と、米軍基地建設反対丹後連絡会である。

米軍Xバンドレーダー基地撤去を求めて、地元の人を含めて約750人が参加した。

Rimg_6400_rRimg_6402_r
Rimg_6486_r
雷神(はたがめ)による和太鼓の演奏があった。力強い太鼓の響きに、基地の存在を絶対に許さないという勇気がわき起こってきた。
Rimg_6405_r
Rimg_6409_r
「うたごえ」の皆さんによって、歌が歌われた。雑花塾の山本忠生さんが指揮をされ、またアコーディオンを演奏されていた。山本さんの活躍ぶりが、たまらなく嬉しかった。

「伝えよう ふるさとを」「ジュゴンは歌う」「あなたへの約束(I LoveKempo)」などを、観衆も共に歌った。

Rimg_6418_r
Rimg_6424_r
Rimg_6426_r
米軍基地建設反対丹後連絡会の代表である、石井内海さんが主催者挨拶をされた。

「米軍基地の工事が始まってから約2年5ヶ月、Xバンドレーダーの本格稼働から1年10ヶ月経つ。京丹後市と国とは、米軍基地にあたって「住民の安全・安心の確保」を大前提とする10項目の約束を明らかにしたが、現在に至るまでそれが守られず住民の安全・安心が脅かされる事態が重ねて起こっている。」

Rimg_6432_r
「琉球新報」の編集局政治部長の島 洋子さんが、「いま沖縄で起きていること」と題して記念講演をされた。

「沖縄をめぐる二つの神話、①「沖縄は基地で食っている」という神話、②「海兵隊は抑止力」という神話は、全くのまやかしである。」

「現在、米軍基地は沖縄経済にとって、阻害要因でありデメリットである。県民総所得の中でわずか5%しかない。それに対して、観光は10%と伸びつつある。米軍の高級住宅地が返還された那覇新都心は、雇用人数が25人から3377人と135倍増え、生産誘発額は3億円から330億円へと110倍も増えている。」
Rimg_6442_r

「沖縄の基地の7割は、海兵隊の専用施設である。沖縄の海兵隊は、常に沖縄にいて日本を守っているわけではない。彼らの任務は、同盟国との合同演習に出て、同盟維持の政治的なアピールをすることである。」

Rimg_6443_r

「対中国や対朝鮮への抑止力になっているというのは、まったく根拠が希薄である。抑止力というのは、数値ではかることができない。中国や朝鮮の危険性ばかりが吹聴されて、米軍への思いやり予算が増強されている。」

「そもそも米軍は、沖縄や日本を守ってくれはしない。日本のために闘うというのは幻想である。」

Rimg_6444_r
米軍基地建設を憂う宇川有志の会事務局長の永井友昭さんが、プレゼンを使い現地報告をされた。永井さんは毎日、米軍基地に関する記事や写真をフェースブックに載せている。基地撤去を願い、粘り強い活動をしている熱血漢である。

Rimg_6452_r
Rimg_6451_r
「夏以降に新たな問題が起こっている。三角地の拡張問題、33000ボルトの高圧線問題、福知山射撃訓練問題、洞穴の真上トイレの問題など、当局(防衛局や米軍)は情報を住民に隠して行ってきた。基地を拡大し、電力を増やし、射撃訓練を近場に移し、地元民の思いを踏みにじる。米軍や政府のやることに口を出すなと言わんばかりの、強権的なやり方が許されていいのか。優先されるべきは、米軍の意向ではなく、私たち住民の安全・安心の確保である。」
Rimg_6456_r
Rimg_6458_r
Rimg_6461_r
Rimg_6462_r
Rimg_6467_r
Rimg_6469_r
国会報告を、日本共産党参議院議員の倉林明子が行った。他の野党のスピーチも欲しかった。野党は共闘して、議員を増やすしかない。
Rimg_6446_r
米軍Xバンドレーダー基地反対近畿連絡会代表の大湾宗則さんが、問題の核心を厳しく指摘する発言をされた。

「京都北部は、Xバンドレーダー基地、舞鶴軍港・飛行場、福知山に日米共同使用基地、滋賀に饗庭野(あいばの)演習場・・・・、朝鮮半島の有事作りに、京都が軍都として再編されつつある。これは絶対に許すわけには行かない!!」

Rimg_6472_rRimg_6474_r
スワロウカフェのT・G・STANさんが、平和を願う気持ちを歌に乗せて伝えられた。
Rimg_6479_r
福知山平和委員会代表の永谷徳夫さんが、福知山自衛隊での米軍の実弾射撃訓練について発言された。
「米軍軍人や軍属はこれまで米軍基地キャンプ富士で射撃訓練を行ってきたが、警備が手薄になり近場でやりたいという意向を受けて、防衛局が「11月からの訓練移転」を福知山市と京都府に6月頃に連絡してきた。ところが、地元の住民が知ることになったのは10月頃で、一つの自治会だけに説明会が行われただけであった。」

住民自治と主権者無視も甚だしいことであり、絶対に認めるわけには行かない。
Rimg_6480_r
デモスタート
Rimg_6488_r

峰山町内を、シュプレヒコールしながらデモをした。通行人は多くなかったが、手を振ってくださるなど反応は良さそうだった。
Rimg_6493_r
Rimg_6499_r
Rimg_6512_r
ある民家の前には、米軍基地反対の意思表示のポスターが掲示されていた。勇気あふれるすばらしい主だ。
Rimg_6520_r
Rimg_6515_r
Rimg_6517_r
「住民の安全・安心を!」「美しい丹後の自然を守ろう!」「日米地位協定の抜本的改定を!」「日本のどこにも基地は要らない!」・・・・・
Rimg_6525_r
Rimg_6529_r
Rimg_6540_r
Rimg_6543_r
Rimg_6553_r
まとめの集会を終えて、バスに乗り込んだ。車内では今日の感想を述べ合った。

京都から近鉄とJRで、奈良の友人と一緒に帰った。家に帰着したのは、ずいぶん遅くなった。

|

« 米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2016(基地前にて) | トップページ | 落花生とサツマイモ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64466547

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2016(京丹後文化会館にて):

« 米軍基地いらんちゃフェスタin丹後2016(基地前にて) | トップページ | 落花生とサツマイモ »