« 吉野・明日香 | トップページ | 松山 »

2016年11月25日 (金)

内子

姪の結婚式が26日に広島であり、前日より松山・広島割引切符を使い、四国松山へ。

Rimg_7673_r
乗り換えて、内子へ行く。江戸から大正の時代にかけて、和紙や木蝋の生産地として栄えた。大洲と松山を結ぶ街道沿いの町で、人や物資が行き交った。

町の有志により1916年に建てられ、歌舞伎や文楽などが上演された。

Rimg_7678_r
伝統的な作りの商家や町家が100軒近く立ち並び、国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されている。
Rimg_7686_r
Rimg_7689_r
Rimg_7692_r
Rimg_7722_r
本芳我家は内子最大の製蝋商であり、1889年に母屋や土蔵などは風格がある。漆喰彫刻もみごとである。内部は非公開。
Rimg_7694_r
Rimg_7730_r
Rimg_7695_r
Rimg_7727_r
上芳我家は、現在木蝋資料館として公開されている。
Rimg_7699_r
Rimg_7700_r

玉蜀黍や唐辛子などが売られている。

Rimg_7687_r
Rimg_7707_r
竹細工の店で、しばらく作るのを見させて頂く。
Rimg_7723_rRimg_7724_r
大正時代の薬屋が再現されている。
Rimg_7741_r
Rimg_7743_r_2
酒蔵を訪ねる。
Rimg_7746_r
高昌寺に参る。この涅槃像は、信仰の対象としては日本一の石像臥仏像ということだ。
Rimg_7713_r
Rimg_7717_r
内子はゆっくり一日過ごせるところだ。

松山に引き返す。


|

« 吉野・明日香 | トップページ | 松山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64554100

この記事へのトラックバック一覧です: 内子:

« 吉野・明日香 | トップページ | 松山 »