« 大人の遠足(愛宕念仏寺) | トップページ | 木津川 »

2016年12月 2日 (金)

大人の遠足(宝筐院)と宴

清凉寺に参る。光源氏のモデルと言われる源融(みなもとのとおる)の別荘であり、死後に阿弥陀堂を建てたのが始まりとされる。

Rimg_8643_r
Rimg_8645_r
嵯峨野にある宝筐院(ほうきょういん)を訪ねる。楠木正行と足利義詮の菩提所である。回遊式の枯山水の庭園は、知る人ぞ知る紅葉の名所である。この辺りに住んでおられたBBさんは、たいへんよく知っておられる。
Rimg_8642_r
Rimg_8632_r
紅葉は散ってしまっていただろうと思っていたのだが、なんとまだ辛うじて残っていた。極みを過ぎて何日か経っていて、散り落ちたもみじ葉が緑の苔に映えて、実に美しかった。
Rimg_8615_r
Rimg_8621_r
晩秋の澄明な光線を受けて、紅葉は最後の紅の世界を創りだしていた。
Rimg_8619_r
Rimg_8625_r
Rimg_8626_r
光を受けて、紅がますます極まる。
Rimg_8628_r
Rimg_8631_r
Rimg_8636_r
Rimg_8637_r

常磐にあるホテルに、荷物を入れに行く。洒落た建物で、3500円の安さである。

Rimg_8647_r
御所まで行く。小学生がマラソンの練習をしていた。紅ちゃんが一緒に走りたいようなふうだった。
Rimg_8649_r
寺町筋を通り、高瀬川沿いの焼き鳥屋でいっぱいやる。本宴の前の、準備の宴である。生ビール二杯と日本酒の熱燗。
Rimg_8652_r
先斗町の「柚子元」で宴。我夢土下座の進ちゃん夫婦やBBさんの美しいお友達も参加して、音楽談義などに花を咲かせて、実に楽しい宴会だった。
柚子元鍋は、柚子の香りがして野菜も肉も美味しかった。

Rimg_8663_r
Rimg_8667_r
生ビールで乾杯した後は、黄桜の冷酒を何回もお替わりした。島田組は酒豪ぞろいで、到底太刀打ちは出来ない。
Rdsc_0760_r
Rdsc_0761_r
進ちゃんのストレッチを見せて頂いた。この身体の柔らかさには、みんな驚いていた。
Rdsc_0762_r
2時間あまりがあっという間に過ぎた。だいぶ飲んでしまって、真っ直ぐ歩けない状態だった。

この大人の遠足の一日は、酒三昧、紅葉三昧で、人生の良き思い出となるであろう。紅ちゃん、BBさん、お世話になりました。そして進ちゃん夫婦、ありがとうございました。BBさんのお友達、また機会がありましたら、飲みましょう。今後ともよろしくお願いします。

|

« 大人の遠足(愛宕念仏寺) | トップページ | 木津川 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

とても楽しい宴でしたね!
大人の遠足紅葉ツアー!
ぼくも行きたかったですぅ~~~

投稿: S.SHIN | 2016年12月 3日 (土) 18時51分

SHINちゃん、コメントありがとうございます。
大人の遠足や宴は、とっても楽しかったです。
紅葉狩りは、良い目の保養になりました。
次は、我夢土下座との合同遠足も楽しいことでしょう。
ぜひ来年は・・・!
では、また。

投稿: 江雄 | 2016年12月 4日 (日) 06時39分

完璧な弥次喜多道中記!
楽しくまた懐かしく読ませていただきました。
お天気も最高で旅を盛り上げてくれましたね。
道中は江雄さんをわれわれのペースに引き込み
申訳ありませんでした。
これに懲りずにまたお付き合いくださいませ。
とりあえずは来春の桜を目標に・・・
いろいろお世話になり
本当にどうもありがとうございました!!!

投稿: 紅ちゃん | 2016年12月 4日 (日) 18時13分

紅ちゃん、コメントありがとうございます。
島田からの弥次喜多珍道中に参加させていただき、ほんまに楽しかったです。
自分のペースではなかったのですが、それがまた心地良いリズムを生み出し、忘れられない旅となりました。
春の桜の頃、また仲間入りさせてください。
では、また。

投稿: 江雄 | 2016年12月 4日 (日) 21時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64575765

この記事へのトラックバック一覧です: 大人の遠足(宝筐院)と宴:

« 大人の遠足(愛宕念仏寺) | トップページ | 木津川 »