« 八百津町コンサートの案内 | トップページ | 当尾文化祭 »

2017年1月20日 (金)

不思議なものが・・・・・

当尾の郷会館(旧当尾小学校)で明日文化祭があり、拙作を搬入した。校庭には不思議なものが・・・・。みんながシートを被っているので、何か新しい新興宗教の団体かと、一瞬思った。お分かりだと思うけれども、明日その答はブログアップします。

Rimg_2391_r

その後、当尾の山里を散策する。

山羊を飼っている農家がある。

Rimg_2380_r
Rimg_2381_r
直径20センチくらいの丸大根。市場に出荷されるということだ。こんなに大きく育てるには、どうしたらいいのだろうか。
Rimg_2393_r
子どもが少なくなり、この保育所は廃校になった。
Rimg_2392_r
バス停はあれど、バスは一日に数本。
Rimg_2406_r
蝋梅の林がある。だいぶ花が開きだしたが、盛りはもう少し先のようだ。
Rimg_2405_r
Rimg_2398_r
岩船寺まで歩く。門前に、僧達の入った岩風呂がある。
Rimg_2414_r
無人の吊り下げ市にはどんなものが置かれているか、いつも楽しみにしている。今時は、漬物が多い。どれも100円の安さだ。
Rimg_2410_r
Rimg_2408_r
Rimg_2409_r
春日神社は、いつ来てもひっそりしている。本殿は江戸時代造営。
Rimg_2411_r
岩船寺裏の山道を歩く。猿の腰掛を見つけた。
Rimg_2415_r
Rimg_2407_r
Rimg_2418_r
山中に、三体地蔵磨崖仏がいらっしゃる。
Rimg_2423_r
Rimg_2421_r

奈良県境の辻には、弥勒磨崖仏がいらっしゃる。残念ながら、形が消えてしまっている。
Rimg_2424_r
阿弥陀三尊磨崖仏がいらっしゃる。俗に、「わらい仏」と言われている。信仰心の無い私ではあるが、この仏の前に立つと思わず手を合わせてしまう。
Rimg_2428_r
Rimg_2427_r
眠り仏がいらっしゃる。地蔵様が長年、土の中で過ごしておられる。
Rimg_2430_r
カラスの壺二尊(お地蔵さまと阿弥陀さま)がいらっしゃる。
Rimg_2434_r
Rimg_2436_r
Rimg_2437_r
あたご灯籠の形状が愉快だ。
Rimg_2438_r
家まで歩いて帰る。心が清々しくなり、リフレッシュできた。

|

« 八百津町コンサートの案内 | トップページ | 当尾文化祭 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64789320

この記事へのトラックバック一覧です: 不思議なものが・・・・・:

« 八百津町コンサートの案内 | トップページ | 当尾文化祭 »