« 穴子丼 | トップページ | 春を探しに »

2017年2月 3日 (金)

節分

三条通を歩いていると、かって豆屋さんであった古民家がコンビニに変わっている。風情が無くなり、少し悲しくなった。

Rimg_3423_r
ならまちを歩く。旧元興寺の本堂跡は、資料館になっている。
Rimg_3424_r
Rimg_3427_r
元興寺に参る。節分会があり、豆まきが行われる。住職さんはお話が上手だ。節分にまつわるお話をされた。多くの人たちが福をいただこうと、集まっていた。豆まきが始まった。
Rimg_3432_r
Rimg_3439_r
Rimg_3448_r
Rimg_3454_r_2
Rimg_3462_r_2
豆まきの豆はあきらめて、たる酒の振る舞い酒をいただく。
Rimg_3436_r_2
境内には、大阪城の蛙石が置かれていた。
Rimg_3429_r_2
首なしの御仏がいらっしゃる。
Rimg_3430_r_2

旧大乗院の庭園で、しばらく休憩する。
Rimg_3477_r
荒池には、アオサギなどの野鳥が飛来していた。
Rimg_3480_r
Rimg_3482_r
Rimg_3486_r
Rimg_3504_r
鹿の群れが休んでいた。

Rimg_3487_r
鷺池には浮見堂がある。鴨が泳いでいる。
Rimg_3490_r
この池の畔に、片山梅林がある。丸窓梅林ともいう。梅は三分咲きであり、満開までにはもう少し日にちがかかりそうだ。
Rimg_3508_r
Rimg_3512_r
Rimg_3514_r
Rimg_3516_r
春日大社を過ぎ、若草山の方へ歩く。
Rimg_3521_r
Rimg_3527_r
二月堂に参る。日の入りまでゆっくり過ごす。3月になれば、お水取りが行われる。
Rimg_3540_r
Rimg_3541_r
Rimg_3530_r
Rimg_3536_r
6時前になったので、春日大社に参る。その周辺や参道にある、約3000基の灯籠に灯が灯り、荘重な雰囲気を醸し出している。
Rimg_3546_r
Rimg_3550_r
Rimg_3552_r
Rimg_3559_r
Rimg_3567_r
興福寺に参る。6時30分より、追難式が行われる。Rimg_3572_r
Rimg_3588_r
Rimg_3582_r
Rimg_3586_r
法要が行われているときに、鬼がやって来た。私のような年寄りには襲いかからず、子どもたちを脅していた。
Rimg_3593_r
Rimg_3597_r
子どもたちはそんなに怖がっていなかった。人が演じていると知っているからであろうか。あるいは、現代には、もっと恐いものがあるからだろうか。










|

« 穴子丼 | トップページ | 春を探しに »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64857776

この記事へのトラックバック一覧です: 節分:

« 穴子丼 | トップページ | 春を探しに »