« 春を探しに | トップページ | 鶯が・・・・ »

2017年2月 4日 (土)

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会 総会

京都府立植物園では、実に優雅な時間を過ごすことができた。クスノキ並木を過ぎ、正門から鴨川に出る。川縁で、昼食をとる。春を思わせる暖かい天気だ。

Rimg_3710_r
Rimg_3711_r
Rimg_3628_r
現実に戻る。

米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会の第3回総会に参加した。

丹後半島は、山陰国定公園、山陰ジオパークに指定されている。美しい自然を破壊して、2014年10月に米軍の基地が作られ、Xバンドレーダーが配備された。通信所と名づけられているが、これはれっきとした、ミサイルを追跡するためのレーダー基地だ。

Rimg_3718_r
2年強が過ぎ、基地の第二期工事も予定されている。また隣接する自衛隊基地も拡張工事が進められつつある。まさに日米の集団的自衛権の行使の準備が着々と進められている。

日米の基地は、穴文殊という地元の人々から深く信仰を寄せられているお寺の両サイドにある。穴文殊の海食洞の上に米軍のトイレが作られて問題となっているが、今もそのままだ。
Rimg_3717_r
京都連絡会の共同代表である、瀧川さんが挨拶をされた。月に二回京丹後を訪問して、ビラ配りなどをされている。戦争につながるいっさいを許さない、信念の人だ。

THAAD導入が予想され、軍事要塞化はますます進むであろう。仮想敵国を作り、軍備を増強する現政権には、韓国の民衆やウチナーたちと連帯して、きっぱりと対決しなければならない。
Rimg_3720_r
共同代表の大湾さんの総括と、運動方針が提起された。「NO BASE 沖縄とつながる京都の会」の代表でもあり、鋭い分析をしながら論拠を重ねてスピーチされた。弱き側に立脚した、熱情あふれる人だ。

「現代の戦争は、二つある。一つは、支配階級が国家権力を使って労働者人民を弾圧・抑圧することである。もう一つは、仮想敵を設定して国家間の危機を扇動して、国民を排外主義で取り込み、支配を維持することである。」
Rimg_3723_r
「私たちの旗印は、京都にも沖縄にも日本のどこにも、そして韓国など世界にも基地は要らないということである。」
Rimg_3726_r

基地の騒音、軍人軍属の交通事故、高圧線など、問題は多発している。しかし、マスコミはこのことを殆ど取り上げない。

現地の人々の安全・安心を蔑ろにする、この米軍基地は早く撤去するしかない。

Rimg_3727_r
Rimg_3728_r
Rimg_3730_r
Rimg_3735_r
抵抗の旗を立て続けていきましょう。

会計報告や規約改正、役員選出などが行われ、終わったのは4時過ぎだった。旗開きがあったが、私は参加せず。

地元でサッカー少年団保護者の同窓会(飲み会)があったので、そちらを優先した。多忙な一日だった。

|

« 春を探しに | トップページ | 鶯が・・・・ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64858535

この記事へのトラックバック一覧です: 米軍Xバンドレーダー基地反対・京都連絡会 総会:

« 春を探しに | トップページ | 鶯が・・・・ »