« 貴婦人 | トップページ | 陶芸作品(2・3月) »

2017年3月 6日 (月)

「うめだに小さな手づくり市」の準備

3月26日(日)に「うめだにカフェ」で、「第1回うめだに小さな手づくり市」が行われる。うめだにカッフェは、木津川市の助成を得て、最近オープンした。

Rdsc_3587_r
Rdsc_3588_r
Rdsc_3589_r
地域の活性化を目的としていて、カフェの代表から陶芸作品の出店を依頼された。下手ではあるが賑わいとなるであろうと、承諾した。今、その準備を少しずつしている。

店の名は、大門で作っているので、「大門江雄窯」とした。

ぐい飲みは、昨今の需要からは売れない。付加価値を付けたら売れるのではないかと、ない知恵を絞った。それで、妻の手つくりの土筆(紙粘土製)を植えたり、観葉植物やサボテンなどを植えてみた。なんとかサマになった。

Rdsc_3575_r_2
Rdsc_3577_r
Rdsc_3579_r_2
また、釉薬の色遣いがよくない器には、底に穴を空けて鉢とした。わすれな草などを植えた。

Rdsc_3604_r
Rdsc_3605_r
さて、反応はどうであろうか。半ば楽しみである。

妻のアッシー君で、野菜市に行く。空豆の苗や、里芋の種芋を買う。

Rdsc_3558_r

城山台にできたばかりのパン屋、「風いろ小麦」に行く。洒落た感じの良い店である。夫婦がきびきびと働いておられた。

Rdsc_3572_r_2
Rdsc_3565_r_2
Rdsc_3561_r
Rdsc_3569_r
陶芸修行に行く。

畑の傍には、早くも蕗の薹が。

畑に、空豆の苗と里芋の種芋を植える。
Rdsc_3594_r
ワケギを収穫した。ヌタの白味噌和えは、大好物である。
Rdsc_3592_r
沈丁花が開花し始めた。芳香が漂っている。
Rdsc_3598_r
しばらくの間、陶芸に集中。30センチくらいの大皿や、花瓶を作った。
Rdsc_3602_r
なかなか思ったようにはできない。鍛錬するのみ。

|

« 貴婦人 | トップページ | 陶芸作品(2・3月) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/64979852

この記事へのトラックバック一覧です: 「うめだに小さな手づくり市」の準備:

« 貴婦人 | トップページ | 陶芸作品(2・3月) »