« 王仁博士のお墓 | トップページ | さんさ酒屋のコンサート その1 »

2017年3月18日 (土)

市民ひろば なら小草

午前中は、当尾での陶芸。沈丁花の高貴な香りが漂う。

Rdsc_3673_r
Rdsc_3672_r_2
蕗の薹が各所に顔を出している。畑のニンニクの葉が伸び出した。

Rdsc_3674_r
Rdsc_3676_r
しばし陶芸に集中。

Rdsc_3678_r
加茂の和菓子屋で、苺大福を買う。土産にするためだ。

Rdsc_3682_r
Rdsc_3680_r_2
「市民ひろば なら小草」に行く。奈良駅からゆっくり歩いて約15分。

Rdsc_3687_r_2
「市民ひろば なら小草」は、沖縄の高江・辺野古につながる会のメンバーたちが最近開設した。

挽き立てのコーヒーをいただき、お話を聞く。

「マイノリティーやこの社会に生きづらさを感じている人たちがちょっと立ち止まれる場所、そしてエネルギー補給の場所」を目指している。弱いもの側の味方である。将来は、特定非営利法人を目標とする。
Rdsc_3688_r_2
Rdsc_3689_r
「子ども食堂」や「無料塾」なども行っている。

こだわり物販もしている。沖縄の「さとうきび蜜 その日しぼり」など、福島の「キヨばあちゃんのいかにんじん」など、メンバーとつながりのある地方の隠れた名産を売っている。もちろん食品添加物は入っていない、純正のものである。

沖縄東村の「パイナップルジャム」を買った。
Rdsc_3692_r
Rdsc_3693_r
Rdsc_3694_r_2
Rdsc_3696_r
友禅和紙で作ったケースなど、手つくりのものも置いている。
Rdsc_3698_r
ミニ映画会や講演会、コンサートや文化教室なども開催するということだ。子どもの自学自習の場としても活用するということだ。

全面的に応援していきたい。

奈良町にも近い。紅白梅が満開である。

Rdsc_3700_r_2
Rdsc_3701_r
Rdsc_3704_r_2
加茂に帰り、陶芸に集中。蔭山先生のお蔭で、作品が焼成していた。大阪城修築の際の「残念石」の上で、撮影する。
Rdsc_3707_r
Rdsc_3706_r_2
Rdsc_3705_r
Rdsc_3709_r
明日から、中津川、そして沖縄へと!

|

« 王仁博士のお墓 | トップページ | さんさ酒屋のコンサート その1 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/65031642

この記事へのトラックバック一覧です: 市民ひろば なら小草:

« 王仁博士のお墓 | トップページ | さんさ酒屋のコンサート その1 »