« 2017年4月 | トップページ

2017年5月

2017年5月27日 (土)

抜糸

26日に、ようやく抜糸した。
ギブスはつけたままであり、まだまだ歩行までの道のりは遠い。
土日はリハビリがないので、自主的に車椅子に乗って近場をうろつく。

1495934555628.jpg

1495934557196.jpg
二枚目は、妻が隠し撮りをしたようだ。
入院をしている間に、バラの咲く時期となっていた。

1495934558312.jpg

1495934559742.jpg

1495934561095.jpg
色とりどりのバラを、しばらくの間魅入ってしまった。

1495934562556.jpg

1495934563955.jpg

1495934565522.jpg
加計学園の獣医学部を巡って、文科省の前事務次官の前川喜平氏が敢然と反旗を翻した。
赤信号を青信号とは言えない、有るものを無いとは言えない!
現政権は汚い手を使って、彼の人格をおとしめようとしている。
しかし、どちら側が真実を述べているか一目瞭然である。
規制緩和という名のもとに共謀して(これが本当の共謀罪)、アベ友のカケ氏に便宜をはかろうとした。
アベ一強政権による国家私物化の構造は、森友学園と全く同じである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

畑に長らく行けてないので、とても気がかりであった。
妻が昨日行ったので、写真を送ってくれた。
ジャガ芋の茎が伸びている。地中で大きくなっていることだろう。
1495852878182.jpg

1495852879713.jpg

1495852880972.jpg

玉ねぎやニンニク、キャベツやえんどう豆などを収穫したということだ。
キュウリが早くも一本採れたと聞いて、季節の移り変わりに驚くばかりである。

1495852882584.jpg
ベランダの鉢で育てたイチゴを、妻が病院に持って来てくれた。酸っぱいけれど、ほのかな甘さがあった。市販されているのと比べたら小さくて貧弱だけど、本来のイチゴらしくて、すぐに全部食べてしまった。

1495852883706.jpg
新聞「うずみ火」が届いた。その中に、集会の案内ビラがいろいろ入っていた。
退院したら、また積極的に参加したい!

1495852889069.jpg

1495852885005.jpg

1495852886246.jpg

1495852887700.jpg
最近、ステキな言葉に出会った。
臨済宗妙心寺派管長だった河野太通老師の言葉
「戦争や原発事故が起こって、初めて罪が発生するのではない。戦争や原発事故前の平和な時に、何もしないこと無関心でいることは、罪を犯しつつあることなのです。」
一人一人が、小さくてもいいから声をあげて、自分のできる動きをしていこう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月21日 (日)

九条を生きる

ときどき、外の空気を吸いに出る。病院の下にコンビニがあり、新聞を買う。

1495340270694.jpg

1495340272312.jpg

前田朗さんの「九条を生きるー平和をつくる民衆ー」を読んでいるが、同感するところが多い。
「九条は、世界の人々の思想を変えるだろう。国家は軍隊を持つのが当たり前と考えている多くの人々、いざという時は軍隊が国民を守ってくれると根拠もなしに信じている人々、軍隊で平和をつくれると倒錯している人々に、九条が新しい世界を示してくれる。九条は、世界の人々の生活を変えるだろう。平和主義と
平和的生存権は、軍国主義や軍需産業に覆われた世界を変える見取り図を提供してくれるだろう。九条は、ピースゾーンの提供にもなる。地域に軍隊はいらない。地域の住民自治は住民の平和と安全を最優先する。地域住民に軍隊は
必要ないどころか、
軍隊は迷惑施設であり、思想を腐敗させ、基地被害をもたらし、生活を破壊する。九条は、国家像そのもの変える。国家の本来の任務は戦争や武力紛争ではなく、平和と安全であり、人間の尊厳であり、国際協調でなければならない。」

アベは九条に加憲して、自衛隊を海外に派兵することを目論んでいる。わたしは大反対だ。それよりも、自衛隊は明らかに軍隊であり憲法違反なのだから、解体して一切の軍備-戦力は放棄すべきである。災害救助や人命救助に特化すべきである。

空気のよどんでいる院内であるが、食事運搬車が来るといくらか活気が訪れる。

最近の朝食

1495340273624.jpg

1495340274515.jpg

1495340275536.jpg

1495340496308.jpg

最近の昼食

1495340276567.jpg

1495340277460.jpg

1495340278513.jpg

最近の夕食

1495340279327.jpg

1495340280113.jpg

1495340280970.jpg

先日栄養士が病室に来られた時に、空腹を訴えた。
血糖値が上がるのでご飯はそのままだが、おかずを1.5倍にしてくださることになった。ありがたいことだ!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

雑花塾と造花塾

5月2日に入院してから、二週間経った。
普段動き回っているのとは、真逆の生活である。
ベッドで過ごすことが殆どで、リハビリを午前午後1時間ずつ、あとは車椅子での移動くらいである。

1494934352326.jpg
糖尿病治療で、ごはんが少ししかでない。
内緒で、糖分の少ないものを妻に買ってきてもらう。
糖尿病患者が多く、いろんな種類のものが売られていたという。
懲りないやつだと、つくづく思う。

1494934353578.jpg

1494934354801.jpg
前田朗 著「9条を生きるー平和をつくる民衆」を読んでいる。前田さんは、
東京造形大学教授であり、日本民主法律家協会理事もされている。民衆の側に立つ学者である。

「平和をめざす人々の思想として形成されてきた非暴力、非武装、無防備、不服従の平和力について考えたい。非暴力や平和は非差別と密接につながっているので、非差別の運動の現場からの声もし紹介する。市民が平和をつくるという観点での平和力をどうすれば鍛えられるかがポイントである。」

1494934355775.jpg
第二章では「うたう九条」のタイトルがつき、平和をつくるミュージシャンが紹介されている。
笠木透と雑花塾のCD「ピースナイン」(2006年)のことが紹介されていた。
誤植なのか「造花塾」とあり、一字違いではあるが、たいへん腹立たしく感じた。
「雑」にこそ意味があるのに、これでは本質が伝わらないだろう。
「あの日の授業」「軟弱者」「ピースナイン」などの紹介が詳しくされているだけに、「造花」とあるのが、実に残念な気がした。

長いようで、あっというまに一日が終わる。デイルームから、山に沈む太陽を眺める。沈み終わっても、なかなかここを離れられない!

1494934356913.jpg

1494934357808.jpg


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月14日 (日)

母の日

今日の昼食は、母の日ということで、ちょっと豪華だった。
「花散らし寿司」、「粟麩と蓬麩の田楽」、「季節の野菜に煮」、「グリーンポタージュ」である。
もちろん量は少なかったが、美味しくて十分満足できた。

1494735697638.jpg

高浜原発が近々再稼働するが、これはとんでもないことだ。
もし万一のことが起これば、第二のフクシマとなるのは間違いない。琵琶湖が近いだけ、より被害は大きいだろう。
危険なことがわかりながら、なぜ再稼働するのか。小出裕章さんはズバリと指摘している。
「わたしは人間として生きていく上で一番大切なことは、自己責任を果たすということだと思います。責任があることに対しては責任を果たす、責任のないようなことを人に押し付けてはいけないということが、わたしは人間として最も大切だと思うので、少なくとも原子力をここまで進めてきた人間は、全員刑務所に入れるというぐらいのことをやるべきだと思う。そうでもしないと、この原子力は止められない。」

1494738949475.jpg
小出裕章さんの言葉に、全く同感である。原子力を進めてきた政治家や学者、電力会社のトップたちは、誰一人として責任をとったものはいない。ぬくぬくと銭もうけして財を殖やしてきただけである。
彼らには、被爆を恐れて自主避難する人たちの思いを到底理解できない。それで、「自己責任」という無慈悲な言葉が出たのだろう。
「自己責任」をとるべきなのは、再稼働する側の人間である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

看護の日

ナイチンゲールの生まれたのが5月12日ということで、この病院では土曜日の13日にイベントが行われた。
ひまを持て余しているので、ロビーまで下りてみた。
1494720427650.jpg
さまざまなコーナーがあり、多くの人で賑わっていた。
私はまず脳年齢テストを体験した。掛け算や割り算などをつかった簡単な問題だった。結果は、37歳!
もっとできそうな感じだったが、まず喜んでいいことだろう。
次に、看護師さんにハンドマッサージをしていただいた。手の平や指には、健康にかかわるツボがあるのだろう。すっかり元気が出てきた。

1494720429135.jpg
2時ごろ、息子や娘家族たちが見舞いに来てくれた。
じいじがいつもと違う格好なので、キョトンとしていた。絵手紙もプレゼントしてくれた。
1時間くらいいて、その後母の日のプレゼントを買いに行った。一階まで下りて見送った。

1494720430082.jpg

1494720430895.jpg
妻があとから、母の日のプレゼントの写真を送って来た。

1494720893384.jpg
実用的なもので、妻は大変喜んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月12日 (金)

小出裕章さん

8日の手術から、ようやく5日目。すこしずつリハビリをするようになった。
車椅子でリハビリ室に行き、理学療法士から指導を受けている。
娘のような若い女性なので、つい頑張ってします。
1494639008728.jpg
近鉄の駅近くなので、バスの発着や人通りが多い。その遥か遠くに、初夏の山並みが見える。
1494639009911.jpg
テレビはニュースを見るくらいだ。現政権を支持するものたちが、50%を越えるのがなぜなのか。テレビを見てたら、よくわかる!いつも頭に来ながら、消してしまう。

それで、本をよく読むようになった。小出裕章さんの著作を読んでいる。
小出裕章さんは、京都大学原子炉実験助教を退職されて、現在松本市在住である。
弱き庶民の側に立って、反原発の行動を、40年以上も続けてこられた。
「(原発を作られてしまうことによって)それまで平和に生きてきた人たちの生活そのもの人間的なつながりそのものが、金と権力とブルドーザーでずたずたに引き裂かれていってしまう。そんな無法を見過ごすことができないので、ただただわたしは反対をする。(略)わたしにとって大切なのは、とにかくこの国家の無法をやめさせるという、それだけです。」
小出さんは自ら「少欲知足」を主張して、節を曲げず実践されている。その生き方に、私はとてもひかれていて、少しでも近づきたいと願っている。
国は、「金と権力とブルドーザー」で原発をつくってきた。沖縄も同じ構造である。「命と、人間の尊厳と、非暴力-説得-不服従-抵抗」で、私は毅然として対峙するつもりである。
1494639011147.jpg
病院食には、京都や奈良の地野菜が450g以上使用されていて、非常に
ヘルシーである。血糖値を下げるために、ご飯が茶碗に三分の二というのを除き、大満足である。
禁酒が続いているが、何とか我慢できている。
最近の朝食、昼食、夕食!
1494639012215.jpg
1494639013137.jpg
1494639014058.jpg

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月10日 (水)

いのちか原発か

8日(月)に、アキレス腱の手術をした。
全身麻酔して、3時間あまり要したようた。
術後に、主治医が良好に済んだ旨を、妻に伝えて下さった。

1494399831479.jpg

再断裂の可能性があるので、一、二ヶ月は入院と自宅療養が必要だということだ。
職場の上司にさっそく連絡した。
43年務めた仕事の、よりによって最後の年に、こんなことになり申し訳ない思いである。

痛みのないときには、車椅子でデイルームまで行き、外の風景を眺める。
歩く人の姿を見るだけでも、なぜか目がいってしまう。
遠くに生駒山が見える。再び登れるであろうか。少し弱気になっているようだ。

1494399835775.jpg


「いのちか原発か」の本を読んでいる。
小浜市明通寺の中嶌哲演さんの言葉に、とても共感する。
「かっての戦争の終結にむかっていくプロセスと、今回の破局的な福島の大事故が、私には重なり合って見える。広島の次に長崎に原爆が落とされたように、第二の原発事故が連発しないと、原子力を推進する人たちは目が覚めないのかと思ってしまう。あの戦争のときと同じように、やはり推進当事者はいまだ懲りていないし、あわよくば盛り返そうとしている。」

第二のフクシマが起これば、この国はほぼ壊滅するだろう。
再稼働にひた走る政府は、今すぐにでも倒さねばならない。
この国の人たちは、いつになったら気づき立ち上がるのだろうか。

入院してから、いのちのことをよく考えるようになった。
生きとし生けるものたちの、いのちより大事なものはないはずである。

病院食の朝食、昼食、夕食!糖質制限がかかっている。

1494399832997.jpg

1494399833936.jpg

1494399834942.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 6日 (土)

林住期

入院してから何もすることがなく、読書する機会が増えた。
いつもはごそごそ動き回っているので、本など読まない。
妻に家から持って来てもらった。

1494067665478.jpg
「林住期」五木寛之著では、「林住期とは、社会人としての務めを終えたあと、すべての人が迎える、もっとも輝かしい第三の人生のことである。」
人生50年と言われるが、今では寿命が延びており、オマケの人生だ。だから、自由に生きて、ほんとうに自分のしたいことをやればいいと五木氏は述べる。
私が日頃から考えて、実践しようとしていることと重なった。

ただこの箇所にはついていけないと、正直思った。
「60歳を越えたなら、腹五分。70代に達したときには、腹四分が適当だろう。80代では腹三分、90代で腹二分。」
今でも暴飲暴食していて、五木氏の言うようには到底できるものではないだろう。
しかし、そのために手術前入院となったのだから、腹八分にしなくてはいけないなと心に誓った。
病院食を、朝食-昼食-夕食と紹介しよう!

1494067668975.jpg

1494067667040.jpg

1494067668006.jpg
おかげさまで、血糖値は下がっている!
酒を飲んでないのだから、当然といえば当然!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2017年5月 3日 (水)

入院

昨日、アキレス腱断裂のオペの相談に行った。
いろんな検査をしたが、手術のためには血糖値が高過ぎるということで、急遽
入院となった。

糖尿病は持病であったが、そのままにしていたつけが回ってきたようだ。
ゴールデンウイークや五月中の予定は、全てキャンセル。
仕事も休まなければならない。

この際だから、ゆっくり人生の休養をしようと思う。
何と言っても、酒を飲めないのが、悲しい。

若いときの入院から、40数年ぶりのことになる。

1493810571277.jpg

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年4月 | トップページ