« いのちか原発か | トップページ | 看護の日 »

2017年5月12日 (金)

小出裕章さん

8日の手術から、ようやく5日目。すこしずつリハビリをするようになった。
車椅子でリハビリ室に行き、理学療法士から指導を受けている。
娘のような若い女性なので、つい頑張ってします。
1494639008728.jpg
近鉄の駅近くなので、バスの発着や人通りが多い。その遥か遠くに、初夏の山並みが見える。
1494639009911.jpg
テレビはニュースを見るくらいだ。現政権を支持するものたちが、50%を越えるのがなぜなのか。テレビを見てたら、よくわかる!いつも頭に来ながら、消してしまう。

それで、本をよく読むようになった。小出裕章さんの著作を読んでいる。
小出裕章さんは、京都大学原子炉実験助教を退職されて、現在松本市在住である。
弱き庶民の側に立って、反原発の行動を、40年以上も続けてこられた。
「(原発を作られてしまうことによって)それまで平和に生きてきた人たちの生活そのもの人間的なつながりそのものが、金と権力とブルドーザーでずたずたに引き裂かれていってしまう。そんな無法を見過ごすことができないので、ただただわたしは反対をする。(略)わたしにとって大切なのは、とにかくこの国家の無法をやめさせるという、それだけです。」
小出さんは自ら「少欲知足」を主張して、節を曲げず実践されている。その生き方に、私はとてもひかれていて、少しでも近づきたいと願っている。
国は、「金と権力とブルドーザー」で原発をつくってきた。沖縄も同じ構造である。「命と、人間の尊厳と、非暴力-説得-不服従-抵抗」で、私は毅然として対峙するつもりである。
1494639011147.jpg
病院食には、京都や奈良の地野菜が450g以上使用されていて、非常に
ヘルシーである。血糖値を下げるために、ご飯が茶碗に三分の二というのを除き、大満足である。
禁酒が続いているが、何とか我慢できている。
最近の朝食、昼食、夕食!
1494639012215.jpg
1494639013137.jpg
1494639014058.jpg

|

« いのちか原発か | トップページ | 看護の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

また原発が再稼働されるということに唖然としてしまいます。
北朝鮮や中国がひどい国だという人はいますが
日本もかなりひどい国ではないでしょうか。福島の事故はまだ収束されてませんしこの先どうなるのかもわからないのにあり得ないことだと思います。

投稿: 紅ちゃん | 2017年5月13日 (土) 22時14分

紅ちゃん、コメントありがとうございます。
笠木透さんは、日本を「わが国」ではなく、「この国」としか言えなかった。
その思いが、よくわかります!
しかし、あきらめてしまうと、権力側の思うつぼです。
一人一人が、この国の誤った政策に怒り、ささやかな動きをしていくことでしょう!

投稿: 江雄 | 2017年5月14日 (日) 06時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/65272760

この記事へのトラックバック一覧です: 小出裕章さん:

« いのちか原発か | トップページ | 看護の日 »