« 2017年7月 | トップページ

2017年8月

2017年8月15日 (火)

平和の鐘

8月15日(火)正午、加茂町内の寺院で一斉に平和を願う鐘が打ち鳴らされた。

今年で第14回になる、「かも平和の鐘」。

浄瑠璃寺や岩船寺など、町内の六寺で、不戦の心を伝える平和の鐘が鳴り響く。

今年の「加茂平和の鐘」のつどいは、高田寺(こうでんじ)で行われた。

リハビリを兼ねて、高田寺まで歩いて行く。友人や知人も、多く参加していた。

高田寺は、真言宗のお寺で、奈良期に創立と伝える。本尊は、平安期に造立された等身大の薬師如来座像である。お顔が厳しくも、優しい。

Rdsc_5358_r
Rdsc_5342_r
境内には、夜遊び地蔵さまがおられる。このお地蔵のとぼけたような愛嬌のあるお顔が、とても好きである。今夜は何処に遊びに行かれるのかしら・・・。平和を願って、行脚されているのだろう。
Rdsc_5343_r
Rdsc_5352_r
苔むした石塔がある。
Rdsc_5345_r
住職さんのお話によれば、この鐘は戦時中に供出されたという。戦争は、宗教にまで害毒を及ぼす。国民はものも言わず、政府のやることに従うしかなかった。お国至上主義ほど怖いものはない。

戦後に檀家の方が寄進された。芙蓉や睡蓮の花が、鎮魂の気持ちをかき立てる。
Rdsc_5346_r
Rdsc_5348_r
Rdsc_5347_r
正午前にまず黙祷する。戦没者を追悼して、二度と戦争をしないとの誓いを確認する。

住職さんが鐘を打たれ、その後参加者が一人一人鐘を撞いた。
Rdsc_5355_r
Rdsc_5354_r
Rdsc_5357_r
この後に、本堂内で「戦争体験を語る」「詩の朗読」「琴演奏」が行われた。

この国のお偉い人は、加害責任にも言及せず、不戦の誓いもしないという。戦前ともなりそうなこの時代にあって、9条を高く掲げて、戦争へとつながる動きには断固反対していくつもりである。
よぼよぼ歩きで、家路につく。稲の実りを見ながら、つくづく平和のありがたさを感じる。
Rdsc_5335_r
知人にイチジクを分けて戴く。
Rdsc_5337_r
Rdsc_5331_r

妻は早速イチジクジャムを作っていた。これも平和でないとできないことだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2017年8月13日 (日)

大門江雄窯

蔭山先生のお蔭で、久しぶりに作品が焼き上がっていた。

最近作るものは、20~30センチの大皿が多い。ロクロを回している所の地名を使って、「大門江雄窯」と名づけている。拙いものばかりであるが、いつの日にかは、手に取るだけで思わず感嘆してしまうようなものを作りたいのだが・・・。

10月9日(月)に行われる「梅谷カフェてづくり市」に、主催者から出店を依頼された。

Rimg_8815_rRimg_8818_r_3

Rimg_8821_r
Rimg_8822_r


Rimg_8825_r
Rimg_8829_r
Rimg_8832_r
Rimg_8835_r
足が完治していないので、畑の世話があまりできていない。入院している間に、かぼちゃを猿に捕られた。また一つできていたので、網でガードする。

Rdsc_5295_r
Rdsc_5299_r
Rdsc_5297_rRdsc_5301_r
リハビリを兼ねて、周辺を歩く。

大門無縁仏

Rdsc_5302_r
Rdsc_5323_r
随願寺跡
Rdsc_5309_r
あたご灯籠は細長い自然石(170cm)を利用していて、その形状がおもしろい。

Rdsc_5305_r
カラスの壺は、道が交差する分岐点にある。阿弥陀さんとお地蔵さんが祀られている。

地元の方の作られた、歌碑がある。
Rdsc_5320_r
Rdsc_5318_r
Rdsc_5316_r
Rdsc_5312_r
Rdsc_5317_r
山鳩か?夕暮れ時を悲しむかのように、激しく鳴いていた。
Rdsc_5337_r
大門の仏谷の丈六仏に、西日が差していて、崇高な美しさに思わず手を合わせた。
Rdsc_5339_r
まだまだ足取りはおぼつかない。スムーズに歩けるようになるまで、気長にリハビリするしかないであろう。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月12日 (土)

富士見台高原

昼神温泉に宿泊して、遅くまで酒を飲みながら仲間と語り合った。

3ヶ月ぶりの二日酔いであった。朝市を見に行く。

Dsc_5232
Dsc_5233
Dsc_5230
Dsc_5231
昨日行った、ヘブンスそのはらにまた行く。昼と夜とでは、景色や風情ががらりと異なる。

Dsc_5234
Dsc_5239
Dsc_5244
Dsc_5246
Rimg_8690_r
Rimg_8689_r
バスで、山荘の萬岳荘まで行く。そこからゆっくりと足をかばいながら歩く。集団から後れて、アキレス腱と相談しながら登る。きついようだったら、断念するつもりである。しかし、なんとか頂上まで登れた。

日本百名山が23座展望できるということだが、ガスがかかり、近くの恵那山をはじめとして殆ど見えなかった。しかし時折ガスが消えて、南アルプスの連山がうっすら見えた。

Dsc_5250
Dsc_5251
Dsc_5249
Rimg_8760_r
Rimg_8761_r
Rimg_8795_r
なんとか下山して、家路につく。かと思ったが、天理まで行き、焼き肉店で打ちあげをする。

Dsc_5258
この2日間で酒をかなり飲んだので、血糖値はだいぶ上がったであろう。

明日からはまた、禁欲的な生活をしなくてはいけない。








| | コメント (3) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

天空の楽園

バレーボールチームで、恒例の登山の旅。日本百名山を登っているが、今年は百名山が23座見えるという富士見台高原。

総勢11人と、例年に無く少数の参加であった。私はアキレス腱断裂のケガが完治していなかったが、あまり歩かないということで参加した。

マイクロバスを借りて、9時頃加茂を出発。

岩村城下町での昼食。目当ての蕎麦屋はすでに売り切れで、うどんをいただく。

Dsc_5194
Dsc_5189
Dsc_5198
Dsc_5199
Dsc_5203
Dsc_5204
Rimg_8545_r
「女城主」の酒蔵を訪ねる。糖尿病が完治していないが、夜飲む酒を買い求める。
Rimg_8558_r
Rimg_8566_r
Rimg_8568_r
Rimg_8570_r
昼神温泉の「吉弥」に着き、早速温泉に入り、早めの食事をいただく。炉端料理である。

もう酒も解禁である。日本酒を3ヶ月ぶりに飲み、すっかり酩酊する。こんなに酒が美味しいとは・・・・!

Rimg_8593_r
Dsc_5215
Rimg_8595_r
「ヘブンスそのはら」に行く。標高1400メートルで、日本一の星空が見えるということで、「天空の楽園」と称されている。観光客が大勢ゴンドラに乗り、長い行列ができていた。

Rimg_8604_r
1502082455441
Rdsc_5221_r
Rimg_8644_r
Rimg_8650_r
残念ながら、曇り空で星が殆ど見えなかった。山蛍が侘びしい光を灯して飛んでいた。

ホテルに帰り、みんなで飲み直す。糖尿病のことは、今夜は忘れることにしよう。









| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月 6日 (日)

男の隠れ家

友人に誘われて、和束に行く。

1502013990373.jpg
まず、腹ごしらえ。先週開店した台湾料理店に行く。ランチ750円(コーヒーつき)の安さで、しかも美味しかった。

1502013991724.jpg
その後、奥深い山中にある「男の隠れ家」に行った。
彼らが、自分たちで廃材などを活用して、全部手作りした。最近、二階部分が完成したばかりである。みんな素人であるが、物作りが好きで、こつこつと休みを利用して作った。
1502013992864.jpg

1502013994379.jpg

1502013995724.jpg

1502013997119.jpg

1502013997761.jpg

1502013998760.jpg

石風呂も完成していた。彼らの創造精神は、とどまることを知らない!

1502014000014.jpg
朴の木も植えていた。やがて朴葉寿司も作るであろう。

1502014001244.jpg

我夢土下座の進藤さんをお招きする話で、大いに盛り上がった。
9月か10月のよき日に、二階のバルコニーで進藤さんのワンマンショーをすることを夢見ているようだ!

1502014002664.jpg

1502014004006.jpg
土産に、畑で作ったカボチャをいただいた。

1502014005418.jpg
携帯のつながらない山中にあるゆえに、「男の隠れ家 」は、非常に価値がある。そして、心底リフレッシュできる。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ