« 富士見台高原 | トップページ | 平和の鐘 »

2017年8月13日 (日)

大門江雄窯

蔭山先生のお蔭で、久しぶりに作品が焼き上がっていた。

最近作るものは、20~30センチの大皿が多い。ロクロを回している所の地名を使って、「大門江雄窯」と名づけている。拙いものばかりであるが、いつの日にかは、手に取るだけで思わず感嘆してしまうようなものを作りたいのだが・・・。

10月9日(月)に行われる「梅谷カフェてづくり市」に、主催者から出店を依頼された。

Rimg_8815_rRimg_8818_r_3

Rimg_8821_r
Rimg_8822_r


Rimg_8825_r
Rimg_8829_r
Rimg_8832_r
Rimg_8835_r
足が完治していないので、畑の世話があまりできていない。入院している間に、かぼちゃを猿に捕られた。また一つできていたので、網でガードする。

Rdsc_5295_r
Rdsc_5299_r
Rdsc_5297_rRdsc_5301_r
リハビリを兼ねて、周辺を歩く。

大門無縁仏

Rdsc_5302_r
Rdsc_5323_r
随願寺跡
Rdsc_5309_r
あたご灯籠は細長い自然石(170cm)を利用していて、その形状がおもしろい。

Rdsc_5305_r
カラスの壺は、道が交差する分岐点にある。阿弥陀さんとお地蔵さんが祀られている。

地元の方の作られた、歌碑がある。
Rdsc_5320_r
Rdsc_5318_r
Rdsc_5316_r
Rdsc_5312_r
Rdsc_5317_r
山鳩か?夕暮れ時を悲しむかのように、激しく鳴いていた。
Rdsc_5337_r
大門の仏谷の丈六仏に、西日が差していて、崇高な美しさに思わず手を合わせた。
Rdsc_5339_r
まだまだ足取りはおぼつかない。スムーズに歩けるようになるまで、気長にリハビリするしかないであろう。




|

« 富士見台高原 | トップページ | 平和の鐘 »

趣味」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/65661848

この記事へのトラックバック一覧です: 大門江雄窯:

« 富士見台高原 | トップページ | 平和の鐘 »