« 帰省して仙酔島へ | トップページ | 野菜の土産 »

2017年8月27日 (日)

川本町へ

私の実家を後にして、安芸高田市を目指す。妻を実家に降ろして、単身で島根県川本町へ。

川本町は、島根県のちょうど臍(へそ)の部分に位置して、石見銀山に近い(車で約20分)。江の川の水運により古くから栄えた町である。

Rimg_9025_r
Rimg_9009_r
私の友人Tさんが、この川本町の生まれで、ここで我夢土下座のフィールドフォークコンサートを開催したいということで、今日は下見に来た。老母の世話をしに帰郷していたTさんと、道の駅で会う。

Rimg_8988_r
我夢土下座は、中津川市の地元で根付いて47年目を迎えるフィールドフォークのグループである。2年前に京都府和束町でコンサートをして以来、Tさんは我夢土下座の大ファンとなり、故郷でも開催したいという夢を持つようになった。

笹遊里(ささゆり)のオーナーKさんは、Tさんの同級生であり、二人は意気投合してその夢に向かって歩み始めている。我夢土下座からは承諾の返事はまだ戴いてはいないのだが、準備を進めている。

Kさんは、地元の中学の吹奏楽部が出場する中国地方コンクールを応援に行き、不在であった(後に、優勝と聞いた)。かって地元の高校は、吹奏楽で全国大会金賞を2回も受賞した。川本町は「音楽の町」でもある。

Rimg_8992_r
Rimg_8998_r
Rimg_9000_r
Rimg_8993_r
イメージがかなり固まった。開催できるように準備を整えていき、我夢土下座の快諾を得たいものである。

三江線の石見川本駅に行く。残念で仕方が無いが、三江線は来年3月で廃線になる。神楽の題目が、駅ごとに付けられている。
Rimg_9003_r
Rimg_9004_r
Rimg_9008_r
かわもとおとぎ館を訪ねる。ここにあるホールは、音響の良いことで知られている。ホテルも併設している。

Rimg_9015_r
Rimg_9016_r
Rimg_9018_rRimg_8999_r
外には、なんとこんなものが・・・。
Rdsc_5430_r
Tさんと別れて、途中断魚渓に寄る。渓谷美にしばし心を奪われた。

Rimg_9037_r
Rimg_9033_r
Rimg_9034_r
妻の実家まで、約1時間のドライブ。

|

« 帰省して仙酔島へ | トップページ | 野菜の土産 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/65731621

この記事へのトラックバック一覧です: 川本町へ:

« 帰省して仙酔島へ | トップページ | 野菜の土産 »