« 中川五郎ライブ | トップページ | ありがたきかな! »

2017年9月10日 (日)

極小の折り鶴

この時期、毎年仲間たちと「平和展」を行っている。「人間の尊厳のためにーフクシマ・オキナワの今-」というテーマである。
残念ながら、このような催しにはなかなか人が集まらない。しかし、それでもやり続けることに意味がある。

Rimg_9177_r

一部、クイズ形式を取り入れた。30問クイズを用意して、答にシールを貼ってもらった。このことをきっかけに、少しでも関心を持ってもらいたいという願いからである。

正答率が良くなかった問いは、普天間基地のある市はどこか(答ー宜野湾市)、代替の新基地建設は何湾か(答ー大浦湾)、海兵隊基地の占める割合はどのくらいか(答ー75%)などである。マスコミがあまり放映しないので、やむを得ない面がある。

Dsc_5420
Dsc_5427
事故が多いので、「オスプレイ」の名前は正答率が良かった。しかし、一機辺りの値段は正答率が良くなかった。もちろん、答は、100億円(実際は200億円)。高すぎて予想を超えていたのだろう。そこから思想を展開して欲しい。なぜこんなにも高いものにお金をつぎ込むのかと。
Dsc_5423
Dsc_5422

ジュゴンクイズが、もっとも正答率が高かった。

Dsc_5424
Dsc_5425
私の撮りためた写真や、名護市や市民団体の作られた資料などを掲示した。

Rimg_9179_r
Rimg_9184_r
Rimg_9200_r

Rimg_9203_r
6月23日に行われた、沖縄全戦没者追悼式で宮古高校の上原さんが朗読された詩、「誓いー私たちのおばあに寄せて-」を掲示した。高校生の平和への純粋な思いが、ひしひしと伝わってくる。
Rimg_9181_r
Rimg_9183_r
沖縄戦の悲惨な写真も掲示した。目を背けずに直視して欲しい。わずか72年前に、沖縄で地上戦があり、4人に1人が亡くなったのだ。米軍基地に反対して、平和を願う沖縄の思いに、心を通わせて欲しい。
Rimg_9194_r
Rimg_9196_r
京丹後市のXバンドレーダー米軍基地の写真も掲示した。関西の人にも、あまり知られていない。マスコミは北朝鮮の脅威をよく報道するが、あわせて在日米軍基地の現状についても報道して欲しい。
Rimg_9198_r
茨木のり子さんの詩「依りかからず」は、私の大好きな詩である。大きな物に巻かれるのではなく、小さくても自分の頭で考えることが大切である。
Rimg_9197_r
フクシマの現状も、写真で伝えようとした。飯舘村、南相馬市など、帰還政策の誤りを見抜いて欲しい。箱物ばかり作っても、放射能の線量がまだまだ下がっていないので、帰れるわけがない。
Rimg_9207_r
この平和展には、折り紙で鶴を作るコーナーを設けている。

見学者の中学生が、鶴をたくさん折ってくれた。右側のは、ふつうの折り紙の64分の一の極小の鶴である。この子たちが大きくなっても、平和な世の中であるように!
Dsc_5419
2日間にわたって行った。若者の見学者は少なかったが、きっと彼らの胸に響き、これから平和への小さな動きをし始めてくれることだろう。

|

« 中川五郎ライブ | トップページ | ありがたきかな! »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/65776687

この記事へのトラックバック一覧です: 極小の折り鶴:

« 中川五郎ライブ | トップページ | ありがたきかな! »