« Peace Live 2017 | トップページ | 中川五郎ライブ »

2017年9月 2日 (土)

我夢土下座in都雅都雅

笠木透さんと仲間たちが1970年に中津川で作られた、我夢土下座が都雅都雅に出演される。

C0057390_21523369
祇園四条駅を降りて、鴨川べりで友人のTさんと待ち合わせ。錦天満宮へ参る。Tさんは故郷の島根県川本町での「我夢土下座フィールドフォークコンサート」を夢見て、準備に動いている。

Rimg_9117_r
Rimg_9132_r
都雅都雅に6時前に着くと、早くも行列ができていた。予約NO.7だったので最前列の席が取れた。

Rimg_9126_r
Rimg_9134_r
追っかけの友人や知人がたくさん来ていて、まさに同窓会のような雰囲気がする。久しぶりに会った友人たちと、夢中で話しをする。
Rimg_9144_r
我夢土下座は47年目の活動になる。昨年に集大成ともいえる、CDを発売された。

Rimg_9150_r
彼らの創り出すフィールドフォークは、その住む土地や自然、風土や生活に根ざして生まれ出て、民衆のあいだに自然に歌い継がれている。テレビに出ないのでメジャーではないのだが、その音楽の芸術性はプロ同等、否それ以上のものがある。

Rimg_9151_r
Rimg_9157_r
歌と共に生きてきて、人生の起伏や生活の哀歓を歌う。自然の厳しさや優しさを歌い、四季折々を歌う。時代の移り変わりを嘆き、今の世の不条理を歌う。

その原点にあるのは、笠木透さんの生きざまのような気がする。彼らのフォークを愛する人たちは、全国津々浦々にいる。

Rimg_9159_r
笠木透作詞の歌が、数多く歌われた。その詩のテーマをみごとに吸収して、優れた曲を付けられたのが、バンマスの田口正和さんである。

都雅都雅コンサートでの、笠木透作詞の歌は、「川のほとり」「めぐりあい」「矢車草」「物干し台」「青春」「詰め草」などである。

多くの歌を、田口さん自身が歌われた。ハスキーな声で、思いの丈を込めて歌われた。声はもう出ないと謙遜されていたが、決してそんなことはない。私はこの上もない満ち足りた気持ちに包まれた。これが、いわゆる幸福感というものだろう。

Rimg_9155_r

笠木透さんと共にフォークスで活動されていた進藤さんが、「青春」「物干し台」などを実に情感豊かに歌われた。このコンサートが自ら嬉しくてたまらないようで、実に至福に満ち足りたお顔をされていた。
Rdsc06036_r

サポーターの松崎さんが、「桜の木の下で」「詰め草」を熱唱された。アレンジも素晴らしく、その伸びのある歌声は、聞いていて実に心地良い。その後は、ベースでサポーターしてくださった。

他に坂庭寛悟さんがクラリネットで、平井宏さんがエレクトーンでほぼ全ての歌に参加された。我夢土下座の魅力がますます輝いたのは、言うまでもないであろう。

この感動のままで時よ止まれと、何度願っていたであろうか。

Rdsc06031_r
故・古井実さんの次男は我夢土下座のメンバーであり、「緑の町」(作詞笠木透、作曲古井実)を歌った。その高音の美声に、フィアンセのバイオリンも加わり、一層魅力が増していた。もう感動が渦巻いて、嬉しいのか悲しいのか分からなくなった。お父さんもきっと都雅都雅に来てくださっていたことだろう。

Rdsc06012_r
鎌田さんは、「風よやさしく」を歌った。古武士風の毅然たる面持ちで、マンドリンを実に優美に弾いてくださる。ついうっとりと見とれ、聞き惚れてしまう。
Rdsc06021_r
長老の細田さんは、「青春の輪廻」などを歌った。人生の重みと深さ感じさせる、渋い声で朗々と歌われる。ぐんぐんその世界に引っ張って行かれた。
Rdsc06023_r
間宮さんは「うまい酒を飲もうよ」などを歌われた。歌もすばらしいが、そのお話は実に愉快である。そして、時に今の政治状況を辛辣に批判する、その鋭さが大好きである。
Rdsc06026_r
あまりにも大きなサプライズがあった。村澤敏子さんがステージに上がられて、「浜辺」(作詞村澤敏子、作曲田口正和)を歌われた。

Rdsc06050_r
「君に話しかけたくて・・・・・あふれくる 祈りの声 もう一度 君に めぐりあいたくて」
頬を知らないうちに流れるものがあった。感涙をとどめるすべがなかった。
Rdsc06051_r
都雅都雅ライブでは、故・宮川良文さんの詩に田口さんが作曲された歌も、数多く歌われた。「星の河」「夜汽車」「あともう少しこのままで」などである。何れも名曲と言っても過言ではない。懐かしさで胸がいっぱいになった。

メンバーの杉浦さんが不参加であったのが、正直寂しかった。「アキノキリン草」「特攻花」をお聴きしたかった。

瞬く間に時は流れて、エンディング「小さな町」となった。アンコールの「私に人生と言えるものがあるなら」を全員で歌った。

終わりが来ることが恐かった。しかし、コンサートは終わった。
Rdsc06054_r
光栄なことに打ちあげに誘われて、Tさんと一緒に参加した。糖尿病でお酒厳禁であるが、今夜ばかりはもう忘れることにした。

Rimg_9170_r
いっぱい話の花が開いて、最終の電車まで思う存分飲み食いした。家に帰着は、午前一時前。

感動が深すぎて、喜びが強すぎて、しばらく日常にもどれないないことだろう。

我夢土下座のみなさま、本当にありがとうございました。

|

« Peace Live 2017 | トップページ | 中川五郎ライブ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

江雄さま
いつもながらのありがたきレポート感謝です!
おみ足も良くなられ来ていただきとっても嬉しかったです!
Tさまにもよろしくお伝えくださいませぇ~~

投稿: S.SHIN | 2017年9月 4日 (月) 22時08分

SHINさま
都雅都雅ライブでは、たいへんお世話になりました。
感動が深すぎて、なかなか日常に戻れず、ぼーと過ごしています。
追っかけがまだまだ続けていけるように、我夢土下座の活躍を切に望んでいます。
本当にありがとうございました!

投稿: 江雄 | 2017年9月 5日 (火) 17時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/65748721

この記事へのトラックバック一覧です: 我夢土下座in都雅都雅:

« Peace Live 2017 | トップページ | 中川五郎ライブ »