« 野菜の土産 | トップページ | 我夢土下座in都雅都雅 »

2017年9月 2日 (土)

Peace Live 2017

今日は、笠木透さんゆかりのコンサートが二つある、特別な日だ。

まず、京都教育文化センターで行われる「Peace Live2017」に参加する。精華9条の会のHさんに予約をお願いしていた。

Rimg_9173_r
笠木透さんが晩年に共に活動されていた雑花塾が、このコンサートに出場される。

Rimg_9047_r
川満七重さんとBlack WAX DUOSの演奏と歌は、宮古島の風を運んできた。

Black Waxは宮古島で活躍されている姉妹で、ピアノとサックスの織りなす音楽はとてもフレッシュだった。沖縄の伝統的な歌が、ヴィヴィッドに聴くことができた。川満さんは一段と声に張りが出てきたように思えた。

Rimg_9057_r
Rimg_9061_r
ジュスカ・グランペールは、ギターとバイオリンのデュオである。NHK総合テレビ「おはよう関西」のテーマ曲、エンディング曲を担当しているということだ。初めてお聴きしたが、二つの楽器の融合で、時に情熱的に時に思索的に、さまざまな音楽の世界を作りだしていた。
Rimg_9064_r
Rimg_9066_r
松元ヒロさん登場!パントマイムの出身だけに、その軽妙なしぐさや百面相の顔を見ているだけで思わず笑ってしまう。それにプラスして、現代の世相をユーモアにくるんで、辛らつに語る話術は、最高に素晴らしい。最後に、自らが憲法になりかわって語る「憲法くん」を演じた。憲法前文を聴きながら。理想に現実を近づける努力をしていくことが、大切なのだと改めて思った。
Rimg_9068_r
Rimg_9078_r
いよいよ待ちに待った、雑花塾の登場!!笠木透さんがここにおられないのが、やはりさびしい。だみ声で、この国の行く末を案じ憲法を守ろうと力強く語る姿が、髣髴として浮かんでくる。

雑花塾は、増田さんと鈴木さんの二人だけの出演だった。アンケートにも書いたのだが、全国各地で地道に活動されているフルメンバーを招いて欲しかった。もちろん二人だけの出演でも、十分に雑花塾の歌の姿勢が伝わってきた。
「海に向かって」などの昔の歌の後にうたった、雑花塾としての歌のほうに輝きがあった。「ツクツクボウシ」「アザミの花」、「インチューファー」「ペンペン草」などは、ぐんぐん心に伝わってきた。熱い気持ちの塊になった。文化で闘い、歌ったように生きることを、まさに歌を通して実践されている。
Rimg_9087_r
Rimg_9092_r
「ひとはひとり みんなちがう 私は私のままで生きていくのです みんなのために ひとりが殺される そんな国に咲く花よ 怒りの涙は土に落ちて 天をにらんで咲く花よ アザミの花よ咲き誇れ」

やはり笠木透さんの詩は、心に響いてくる。
出演者や参加者全員で、「朝霧」の歌を歌った。そして、このコンサートを象徴する「平和の暦」。アンコールは、「私の子どもたちへ」であった。
Rimg_9095_r
Rimg_9098_r
Rimg_9110_r
ライブが終了して、ほてった気持ちを冷ましに、鴨川ベリを少し歩いた。

来年もぜひ開催して欲しい!雑花塾フルメンバーで参加を!!

|

« 野菜の土産 | トップページ | 我夢土下座in都雅都雅 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

読ませて頂きました。
良いコンサートだったようで、良かったですね!
「雑花塾」フルメンバーの出演、期待したいです!!

投稿: ATOM | 2017年9月 6日 (水) 12時56分

ATOMさん、コメントありがとうございます。
今年のピースライブは、フォークが少なかったです。世相を切り取り平和を希求するフォークは、雑花塾だけでした。
雑花塾フルメンバーが、ぜひぜひ勢ぞろいしてほしいです!
ピースを冠しているのですから。

投稿: 江雄 | 2017年9月 7日 (木) 17時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/65748627

この記事へのトラックバック一覧です: Peace Live 2017:

« 野菜の土産 | トップページ | 我夢土下座in都雅都雅 »