« 氷の世界 | トップページ | 岡山禁酒會舘マンスリーライブ200回記念パーティー »

2018年1月27日 (土)

はだか祭りの前に

大事なイベント(岡山禁酒會舘マンスリーライブ200回記念)があり、早朝家を発つ。

西大寺で下車して、西大寺観音院にお参りする。駅前や寺近くの公園には、会陽(えよう)・はだか祭りの塑像が建っている。

R20180127_111931_rR20180127_113414_r
R20180127_113529_r
2月第3土曜日に、会陽(えよう)・はだか祭りが行われる。宝木(しんぎ)を大群のはだかの信徒たちが争奪する、勇壮な祭りである。本堂の大床には、一升枡にひとりの割りではだかが詰め込まれる。はだかの群れはもみ合う。それを「渦」と言うらしい。

仁王門を入ると、本堂と三重の塔が目に飛び込んでくる。牛玉(ごおう)所権現の傍には、大きなクスノキがある。

R20180127_114246_r
R20180127_114405_r
R20180127_114540_r
R20180127_114720_r
今は、その祭りの準備が行われていた。観客席、立ち見席も用意されている。

いつかは見に来たいものだ。
R20180127_114828_r
R20180127_115525_r
庫裡も風格がある。
R20180127_120043_r
地蔵菩薩は、人間的な表情をされている。
R20180127_120535_r
吉井川の雄大な流れを眺める。
R20180127_115637_r
お寺の周辺には、寺内町が広がっている。人気はあまり無いが、懐かしい雰囲気が漂っている。
R20180127_121244_r
R20180127_113832_r
岡山に行き、まず腹ごしらえ。岡山ラーメンを食べる。醤油味の深みのあるスープが、細麺によく合い、とても美味しかった。
R20180127_130804_r
R20180127_131537_r
岡山城を真下から眺め、次に旭川の対岸から眺める。
R20180127_151517_r
R20180127_152138_r

出石町界隈は、戦前からの町並みを残している。

R20180127_153814_r_2
R20180127_154403_r_2
R20180127_155127_r_2
市内を歩き回っていると、随所に彫刻を見つける。それも楽しみのひとつだ。

「平和の女神」
R20180127_141852_r_2
「水辺のももくん」
R20180127_152606_r_2
「浦上玉堂」(文人画家)
R20180128_110515_r
ホテルに荷物を置き、パーティーの行われるホテルに行く。

|

« 氷の世界 | トップページ | 岡山禁酒會舘マンスリーライブ200回記念パーティー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

中華そば「冨士屋」、岡山ラーメンのルーツと言われる店のひとつですね。 ギタリストの黒瀬尚彦が音楽活動の合間に開業している「黒瀬歯科」から徒歩30秒。 この店には笠木透さんも黒瀬の案内で入ったことが有ります。 ちなみに、黒瀬歯科の地下スタジオの壁には、我が国のトップミュージシャンのサインが数多く書かれていますが、その中には、笠木透さんや増田康記さんのサインも含まれています。

投稿: ATOM | 2018年2月 5日 (月) 13時00分

ATOMさん、コメントありがとうございます。
冨士屋の近くに、黒瀬さんの歯科があることを初めて知りました。地下スタジオのことも!
黒瀬さんは、OZAKI UNITの中でギタリストとして貴重な存在です。音楽的なセンス抜群で、プロ級のギタリストと言っても過言ではないです。
音楽活動の合間に仕事を、実際そうかもしれません?!
両立だと、黒瀬さんは言われるでしょうね。

投稿: 江雄 | 2018年2月 5日 (月) 15時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/66339389

この記事へのトラックバック一覧です: はだか祭りの前に:

« 氷の世界 | トップページ | 岡山禁酒會舘マンスリーライブ200回記念パーティー »