« 勝手に万歩会(大野・観音寺) | トップページ | ブルーベリー狩り »

2018年7月14日 (土)

北当尾の昔話

7月14日(土)、ふるさと案内・かもで、「北当尾の昔話の地を巡る」ふるさと散歩を行った。市の広報などで宣伝したが、早朝より猛暑なので参加者がどのくらいあるか危ぶまれた。駅前で受付をして、20名あまりの参加者がいて、一安心。

R20180714_091844_r
クヌギ坂下で、最初の昔話を披露する。この坂では狐が現れて、ここを通る人を何度も騙したという話が伝えられている。

狐に騙されないように、用心して歩く。石畳が残っているところもある。アケビの実が落ちていた。
R20180714_094807_r
R20180714_094822_r
R20180714_095236_r
R20180714_100521_r
R20180714_100433_r
涼み岩まで行く。この大岩の上で、八幡様は涼んでおられた。楠木正成がここから八幡様を拝んだので、「伏神」という地名が残っている。
R20180714_101646_r
R20180714_101746_r
蒟蒻やヒマワリに、目を奪われる。
R20180714_103245_r
R20180714_103603_r
森八幡宮に到着。ここには、「ずんどぼう」伝説が残っている。ずんどぼうという怪力の男が、橋の上で大名に会い、牛の前足と後ろ足を持って牛を担ぎ上げて、大名一行を通したという。また、相撲で力士と戦うときに、青竹を曲げてふんどし代わりにしたので、力士が驚いて退散した話も残っている。

不動明王や毘沙門天の磨崖立像は、何度見ても素晴らしい。
R20180714_104035_r
R20180714_104135_r
R20180714_104258_r
紫陽花が辛うじて残っている。
R20180714_110930_r
クワガタ発見!
R20180714_111251_r
青地蔵、赤地蔵に参る。ふるさと案内人は、皆さんお話しが上手だ。私も見習わなくてはいけない。
R20180714_112904_r
R20180714_113525_r
R20180714_113617_r
木槿を見ながら、ゴールの当尾の郷会館に到着。
R20180714_115046_r
R20180714_120903_r
ここで解散なので、再び歩き始める。皆さんはバスで駅まで向かわれる。
R20180714_122532_r
野菜の市場に寄る。西瓜が売られていた。ここまで大きくするには、農家の方の丹精が込められている。
R20180714_133529_r
R20180714_133406_r
畑に行く。真桑瓜が黄色く色づいていた。

20180715_182453
子どもができたみたいに、ほのぼのとした気持ちになる。

|

« 勝手に万歩会(大野・観音寺) | トップページ | ブルーベリー狩り »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

この暑い中みなさんよく歩かれますね。
その後も歩いたとは江雄さん完全復活ですね。
いい汗をかかれたことでしょう!

投稿: 紅ちゃん | 2018年7月22日 (日) 07時37分

紅ちゃん、コメントありがとうございます。
アキレス腱断裂から一年以上たち、ようやく復活しつつあります。
ただ、まだまだ往年の健脚?までは、ほど遠いです。
サッカーで走り回る紅ちゃんを、目標にしたいと願っています。

投稿: 江雄 | 2018年7月24日 (火) 18時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/66959773

この記事へのトラックバック一覧です: 北当尾の昔話:

« 勝手に万歩会(大野・観音寺) | トップページ | ブルーベリー狩り »