« 涼を求めて | トップページ

2018年9月 1日 (土)

2018 PEACE LIVE

第14回「2018 PEACE LIVE」が、京都教育文化センターで行われた。笠木透さんと共に創られてきて、亡き後も継続されている。戦後73年、憲法誕生から71年経ち、憲法改悪の嵐が吹きまくる中、このコンサート開催の意義は非常に深い。

トップバッターは、川口真由美さん。

辺野古基地反対のために、足繁くキャンプシュワブゲート前まで通い、歌で勇気を与えておられる。「ケサラ」は、心にジーンと響いた。「人のチカラ」(新しいCDのタイトル)は、「国のチカラ」に必ずうち克つはずだ。

Rimg_2813_r
二番手は、早くも高石ともやさん。
「蝉しぐれ」を熱唱されて、心に届いた。笠木透さんと出会った頃のお話しが、興味深かった。「街」は「小さな町」と同じく、名詞が連なっているとの指摘もあったようだ。
Rimg_2826_r
次は、松元ヒロさん。
今の政権に対して、庶民はどのような思いを持っているのか、批判を笑いに包んで、次から次へとテンポ良く語られる。移り変わる表情を見るだけでも、笑えてくる。憲法を改悪することは、絶対に許さない。「憲法くん」よ、共に元気に生きていこう!
Rimg_2836_r
ジュスカ・グランペール

ギターとバイオリンとの音色の饗宴だ。「祈りのボレロ」は平和を願いながら弾いておられる。優しい気持ちに包まれてくるのが不思議だ。
Rimg_2848_r
最後に、雑花塾(増田康記さん、山本忠生さん、鈴木幹夫さん)。トリとして無名の我々がどうかと謙遜されていたが、やはり雑花塾でなくてはいけないだろう。このライブは、笠木透さんと共にこれからも創っていくべきなのだから。

「海に向かって」、「君は君の主人公だから」など、笠木透さんの若かりし頃の歌がまず披露された。「ペンペン草」、「恵那山」など、雑花塾のなかで作られた歌へと続いた。そして、「軟弱者」、「ピースナイン」は、聴衆と共に歌った。私も「軟弱者」として生きるつもりだ。静かな闘志がわき起こってくる。

できることなら、全国に散らばる雑花塾のメンバーたちが、この日に集結して「雑花塾」として歌って欲しいものだ。

Rimg_2863_r
PEACE LIVEの看板歌とも言える、「平和の暦」を最後に歌って欲しかった。
Rimg_2878_r

笠木透メモリアルCDブック「歌がなくては 人間らしく 生きてはいけない」がこの日発売された。このタイトル通りに、出演者も聴衆たちも、「歌」によって「人間らしく」生きようとしているのだろう。このライブを通して、そのことをずっと感じていた。

|

« 涼を求めて | トップページ

音楽」カテゴリの記事

コメント

高石ともやさんの「蝉しぐれ」
いい歌ですね。好きです!
「街」はぼくの一番大好きな歌です。

投稿: 紅ちゃん | 2018年9月16日 (日) 07時30分

紅ちゃん、コメントありがとうございます。
高石ともやさんは、今も青年のように若々しいです。
「残りの人生フォークを貫きます」と語られています。
平和への願いも強いです。
紅ちゃんがファンなのも、よくわかります!

投稿: 江雄 | 2018年9月17日 (月) 07時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570251/67153575

この記事へのトラックバック一覧です: 2018 PEACE LIVE:

« 涼を求めて | トップページ