日記・コラム・つぶやき

2018年5月11日 (金)

平和を守るために

9のつく日には、加茂九条の会は加茂駅でスタンディングをしている。6時半から1時間ほどである。私も4月から、毎回参加している。若手(?)が参加してくれたということで、たいへん喜ばれている。「平和憲法を守りましょう!」「安倍九条改憲に反対しましょう!」・・・・!ささやかな行動ではあるが、平和を守る一歩になれば嬉しい。

R20180419_062612_r
R20180509_070230_r
R20180419_062731_r
それ以外の小さな動き。

4月16日(月)

立命館大学平和ミュージアムを訪問した。「15年戦争」「現代の戦争」「平和を求めて」の三つのテーマで、貴重な資料が展示されている。若者たちはこういう資料に大いに触れて欲しい。

R20180416_142459_r
R20180416_142359_r
R20180416_140634_r
5月1日(火)
浄瑠璃寺前で、九条を守る署名活動をする。残念ながら、署名は拒絶される人が多い。心に少しでも平和憲法を守る気持ちが芽生えてくれることを祈りながら、笑顔を絶やさない。
R20180501_131606_r
R20180501_131929_r
R20180501_143837_r
5月7日(月)

放送法遵守義務確認等請求事件の口頭弁論が、奈良地裁であり傍聴支援をする。NHK問題を考える奈良の会に、正式に入会した。原告に入りたいのだが、募集はしていないのでやむを得ない。

裁判長が替わり、この事件の経過や趣旨を、佐藤真理弁護団長がわかりやすく論述された。正義を希求する熱血漢だ。

R20180507_095556_r
裁判後に、近くの奈良教育会館で報告会を行った。「視聴者主権のNHKを目指す」「政権からの自主独立を求める」「国民の知る権利を守る」ことを、再度確認した。
R20180507_113950_r
NHKニュースは、公平・公正な報道であるべきだ。安倍宣伝マシンとしてNHKがあるのなら、受信料は払わない。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

ものつくり

陶芸がまだものにならないにも関わらず、前から興味のあった木工にチャレンジする。

4月12日(木)

木工教室で、コーナーシェルフを作った。マンツーマンで、先生が丁寧に教えてくださる。ジグソーやトリマーを初めて使って、これが実に面白かった。

R20180412_144240_r
R20180412_153651_r
4月25日(水)

ままごとキッチンを作った。4人の受講生がいた。工程が多くて、なかなか難しく、落ちこぼれそうになった。孫の喜ぶ顔を思い浮かべて、悪戦苦闘しながら何とか完成。一日がかりだった。
R20180425_100028_r
R20180425_162545_r
R20180425_175440_r
5月10日(木)
飾り椅子を作った。今回もマンツーマンで教わった。女性の先生は、妥協を許さず、時には厳しく指導される。
R20180510_154255_r
陶芸は、相変わらずのらりくらり。

4月20日(金)

後ろの窯で、8月頃焼くつもりだ。
R20180420_171235_r
4月22日(日)

蔭山先生が右肩の手術やリハビリを終えて、復活された。待ちに待っていたので、嬉しくて仕方ない。

あじさいホールの庭には、大坂城の残石が置かれており、その上に出来上がったばかりの拙作を載せて撮影する。

R20180422_141849_r
R20180422_141856_r
R20180422_141911_r
R20180422_142156_r
R20180422_142620_r
4月29日(日)

うめだにカフェの小さな手作り市が行われて、出店する。粘土代や焼成代が出ないくらい、安い値段に設定した。まずまずの売り上げであった。ポン菓子屋さんが出張開店。

Rimg_9369_r
Rimg_9339_r

さまざまな店が出ていた。プロの方の店もある。

Rimg_9372_r
Rimg_9373_r
Rimg_9371_r
手作り市が終わり、室内で満点堂のライブ。吉田拓郎やさだまさし、かぐや姫などの70年代フォークを演奏し歌われた。観客のリクエストに何でもすぐに応じて、歌われたことに驚嘆した。
Rimg_9384_r
Rimg_9393_r
木工や陶芸、他にもいろいろものつくりをしていくつもりだ。






| | コメント (0) | トラックバック (0)

自然からの贈り物

当尾の工房そばの畑を使わせていただいている。本当にありがたいことである。

4月10日(火)

ドウダンツツジや乙女椿が咲き誇っていた。

R20180408_161502_r
R20180408_161158_r
R20180408_161212_r
近所から筍を分けてもらった。朝掘り筍で、穂先が土から出ていないのを掘り出すそうだ。湯がいてそのまま食べたり、天ぷらや筍ご飯にしたりして、美味しくいただいた。
R20180410_094027_r
R20180410_094033_r
R20180419_171936_r
4月18日(水)
ワケギやタマネギを収穫する。タマネギは小さいものが多く、少し残念。
R20180413_181226_r
R20180418_165505_r
5月2日(水)
アスパラガスが次々できている。苺はすぐその場で食べる。
R20180408_140940_r
R20180501_151017_r
畑には、ほぼ毎日のように行っている。我々は何れ土に帰る。それ故であろうか、畑に来ると時間感覚がなくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

郷土の文化と歴史

岡山から帰ってから早くも1ヶ月経つが、まさに多忙な日々であった。仕事時代はパソコンに向かうときが多かったのだが、極力パソコンから離れることとした。

断捨離で、身辺のものをかなり整理した。特に、仕事関係の本や書類は思い切って捨てることにした。それでもなお、捨てきれないものが多くあった。

R20180422_121811_r

第二の人生を、一目散に突っ走っている感じだが、そのテーマとして「平和」、「ものつくり」、「音楽」などを設定している。これは今までと同様である。

更に新しいテーマも見つけようとしている。「郷土の文化と歴史」である。

4月2日(月)

木津川を渡り、府立山城郷土資料館を訪ねる。65歳以上は、無料なのがありがたい。これから足繁く通うことになるであろう。

R20180421_152647_r
R20180421_132017_r
庭には、大坂城の残石や、万葉歌碑が置かれている。
R20180421_132032_r
R20180421_132301_r
企画展「仏とともに歩んだ画家 穐月明」が今日から始まった。穐月明は墨の「ぼかし」や「かすれ」だけで、野のほとけや花や山川などを表して、その画法は独自のものがある。

「文化財講演会「画家の仕事と背景-私の見た穐月明-」と出して、穐月大介氏が講演された。人嫌いで、短気で、気迫のあるオーラがあった」と、子どもの視点で語られたのが面白かった。
R20180421_152034_r

4月22日(日)
大野山石切場跡の現地見学会に参加した。NPO法人ふるさと案内・かもの主催である。加茂9条の会でお世話になっている田中さんが、これを担当されていた。また、サッカー時代の友人もいて、話を聞いてみると、残石保存運動の中心を務めているらしかった。
R20180422_095241_r
大野山は203mの低い山ではあるが、急峻な山道を上った。途中、道のないところもあった。中腹まで登ると、明らかに窪地があり、ここが石の切り出し場であると知れた。
R20180422_100840_r
R20180422_104955_r
周辺には、残石が何個か見えている。約400年前、大坂城の修築のために、津藩の藩主藤堂高虎が切り出した。木津川まで降ろし、船で運んだのだろう。
R20180422_103015_r
鑿を入れた矢穴や、切り出した者の刻印が残る石もあった。
R20180422_103117_r
残席を見つけ出すたびに、あちこちで歓声が上がった。
R20180422_104839_r
1975年の赤田川(木津川支流)護岸工事で、約70個の巨石が見つかった。大野山の切り出し場を含めて、保存運動をしていく必要があるだろう。
R20180422_103444_r
コシアブラがすっかり大きくなっていた。
R20180422_112956_r
「ふるさと案内・かも」にも、何れ所属することになるであろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年4月 9日 (月)

九の日

昨夜は、京都府知事選挙の開票の場に、福山和人氏側の開票立会人として参加した。9時から1時間余り、開票において不正がないかどうかを見守った。有効票か無効票か点検するときは、福山氏側に立って主張した。

木津川市の結果は、投票率34.02%で、福山氏が8141票、西脇氏が11728票だった。京都府全体では投票率35.18%で、福山氏317356票、西脇氏402046票だった。

R20180409_065559_r
森友公文書の改ざんや自衛隊日報の隠蔽など、国民を裏切る許しがたいことが立て続けに起こっているのだが、元官僚の西脇氏が勝利した。

この国の民は、いつになったら現政権に対して怒って行動を起こすのか。赤紙が家に届かないと、気づかないのであろうか。

しかし、情けないダメだと諦めたり、アホだどうしようもないと腹を立ててばかりいても、何も始まらない。

R20180409_065727_r
次の日から、私は行動を起こすことにした。加茂町9条の会が、加茂駅のプラットフォーム前で、九のつく日に朝6時半からスタンディングをしている。10年以上も長きにわたって、地道にこの大切な行動がなされている。

R20180409_073036_r
私も仲間入りさせていただく。以前から知っている人たちが、殆どである。私が一番年少に見える。歓迎して受け入れてもらった。

R20180409_065708_r
出勤する社会人や通学する学生に対して、挨拶したり、呼びかけたりする。

「憲法9条を守りましょう!」

「9条は世界の宝です!」
R20180409_065713_r
大きな声を出そうとするが、少し恥ずかしや照れもあり声がなかなか出ない。

「安倍改憲に反対しましょう!」
「戦争する国に反対しましょう!」

R20180409_065739_r
1時間余りスタンディングをして、解散。往復、徒歩で約40分。適度な運動になる。
R20180409_073026_r
九のつく日に、極力私は参加するつもりだ。

些細なことであるが、小さな動きを積み重ねていきたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2018年3月29日 (木)

時遊人として

今日で、いよいよ完全に退職する。43年間働いた。無我夢中で働き、振り返ってみれば実に早かった。

気の合う同僚たちと、別れの食事会。「時遊人」の名のようにこれから生きるつもりなので、ぴったりだ。料理店は、色とりどりの花に囲まれている。

R20180328_121256_r
R20180328_114342_rR20180328_121320_r
R20180328_120038_r
日替わりランチは、コーヒー付きで920円。自家製野菜をふんだんに使っている。実に美味しい!話は止めどなく続く。
R20180328_115151_r
紫木蓮やクリスマスローズが、満開。
R20180328_121443_r
R20180328_123305_r
R20180328_123238_r
ソメイヨシノや大島桜が、花盛り。古今集や新古今集の歌の世界が、目の前にある。

「世の中に たえて桜の なかりせば 春の心は のどけからまし」在原業平

「またや見む 交野のみ野の 桜狩り 花の雪散る 春の曙」藤原俊成
R20180328_121652_r
R20180328_145257_r
また、別の日には洞ヶ峠まで食事会に行く。田舎料理を食べながら、話は弾む。名残惜しい気持ちはあるが、もうすっかり終わったという気がする。
R20180314_114211_r
R20180314_115331_r
家に帰れば、子どもや孫たちからお祝いが届いていた。本当にありがたいことである。幸せ者だ!

1522481623074.jpg

1522481625154.jpg


R20180328_194504_r
やはり酒だった!時遊人として、人間の尊厳を大切にしながら、第二の人生を歩んでいきたい。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2018年3月24日 (土)

13回忌

安芸から、備後へと移動する。父の13回忌が行われる。徳圓寺の住職が実家に来られて、読経される。その後、墓参り。酒飲みだった父に、お酒を供える。

R20180324_115301_r
R20180324_120048_r
子どもの頃、よく遊んだ薬師堂。近くには、昔のまま石仏がおられる。
R20180324_120955_r
R20180324_121009_r
R20180324_121037_r
府中市の地元で知られる料理屋で、親族一同が集まり「亡父を偲ぶ会」を行う。
R20180324_123416_r
R20180324_125124_r
R20180324_125235_r
美味しい料理に舌鼓を打ちながら、親族一同よく語り合った。亡父も喜んでいるだろう。
R20180324_135229_r
R20180324_135512_r
福塩線は、廃線にならないで欲しい。
R20180324_172531_r
R20180324_172606_r
翌日、尾道ラーメンを食べたあと、帰京する。
R20180325_123835_r
3泊4日の帰省が、あっという間に過ぎた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月20日 (火)

光の当たらないところに

京都府知事選挙(4月8日投票)が行われる。やはり、私にはこの人しか推す人はいない。

「『光の当たらないところに、光を当てる。』これが政治の役割だとするならば、私には在野法曹の立場で十数年その仕事をしてきた知識と経験、自負があります。」

R20180321_051728_r

福山和人氏は、「大飯原発差し止め訴訟」や「関西アスベスト訴訟」の弁護士として、命に寄り添う活動をされている。

R20180318_105510_r
前回府知事選における市の投票率が、約33%であった。約67%の人が棄権というのは、あまりにも情けないし、恥ずかしいことだ。

この国の民は、もっと意思表示すべきである。意思をアピールし続けなければ、権力に弄ばされる。権利は行使し続けなければ、廃れてしまう。

R20180318_104100_r

福山氏と共に、「ひと・なりわい・夢・未来をつなぐ京都」にしていこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月19日 (月)

小さな手づくり市

4月29日(日)に、「第3回 うめだに 小さな手づくり市&満月堂ライブ」が行われる。手作り家具や竹細工、消しゴムハンコや羊毛フェルトなど、魅力あふれる多彩な市である。

「大門江雄窯」として、拙い陶芸作品を展示する。小生の店だけが、力不足の感がある。

R20180317_163909_rR20180317_163926_r
チラシを受け取りに、うめだにカッフェまで行く。旧小学校分校の木造の、風情ある建物だ。

R20180317_162017_r
R20180317_161705_r
チラシを置かせていただきに、各方面へ回る。

まず、加茂駅にある「ふるさと案内かも」に行く。友人がいて、この会に新しく加わったということだ。地元の野菜や名産などが、さまざま置かれている。

R20180211_095249_r
R20180211_095259_r
「カフェ瑠璃」に、チラシを置かせていただく。薫り高いコーヒーをいただく。蓄音機から流れるレコード音は、懐かしい響きである。コーヒーによくマッチする。

R20180318_112600_r
R20180318_114307_r
他の場所にも行き、チラシを置かせていただく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年3月11日 (日)

懇親会

今日は、大阪や京都などで反原発集会が行われる。参加したかったのだが、私の住む丁目の自治会の懇親会があり、次期会長を務めるのでやむを得ずこちらを選択する。

送迎バスで、茶所の和束町まで行く。

R20180311_114600_r
R20180311_114743_r
R20180311_114803_r
R20180311_114832_r
京都和束荘は、山の家を全面改装して、個室を備えた宿泊施設になっている。
R20180311_115430_r
R20180311_115708_r
懇親会の前に、現会長の提案でフクシマで亡くなられた人たちの鎮魂の黙祷をする。あれから7年目、生業を奪われた人たちのことを思うといたたまれなくなる。

懇親会が始まる。殆どが65歳以上で、リタイアした人ばかりである。健康のことや、趣味のことなど、共通の話題で盛り上がる。

料理は春らしいメニューで、地元の食材を使い、実に美味しかった。器も、凝ったものが使われている。
R20180315_183940_r

菜の花白和え、揚げ筍田楽など
R20180311_120926_r

白魚、炙り帆立など
R20180311_122116_r
蓮根饅頭、菜の花
R20180311_125137_r
ビールや日本酒も頂き、すっかり酔ってしまった。和束荘付近の梅は、今が満開。
R20180310_105514_r
周りには、茶畑が広がっている。
R20180311_135809_r
R20180311_140256_r
R20180311_140312_r
帰宅する。
R20180311_145959_r

クリスマスローズの開花を、わらべ地蔵が嬉しそうに眺めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧